ルンバを気持ちよく踊るコツ

ルンバを上手に踊るコツはヒップと脚部 社交ダンス

ルンバを上級者っぽく踊るコツ

ステップの組み合わせルーティンを複雑にして
上級者っぽく踊ることも楽しくでいいのですが
それなり時間がかかります。

だから

ちょくちょく踊るステップを
上級者のように踊るために知識を増やすことも
とても良いことだと思います。

 

ルンバのヒップの動きのコツ

◆女性のファンポジションからの動き
  右足を左足に揃えに行くときに
  ヒップのローテーションを練習しましょう。

 ファンポジションで左のヒップが後ろ
  右のヒップが前の状態から
 右足を揃えるときには
  今度は右のヒップが前
   左のピップが後ろになるまで
 たっぷりとヒップを回しましょう。

◆ルンバウォークのヒップの動き
 鏡に向かってルンバウォークをするとき
 自分のヒップは、後ろの人に見えるようにではなく
 左右の人にヒップを見せるようにヒップをローテーションさせる
 練習をしてみましょう。

 *この時、両手の位置は、鏡に対して並行です。
 右足が出たときに右手首が大きく前に出て
  左手首が後ろになるという形は良くないです。

 鏡に向かってウォークするとき
 もし両手で棒を持っていたらその棒が
 常に鏡に対して並行になるように進んで行きましょう
 それでもヒップは右の壁、左の壁に交互にローテーションすることです。

 

ルンバの脚部のアクション(動き)のコツ

◆ディレイドフォワードウォーク
 このテクニックを磨きましょう。上級者っぽく見えるコツです。
 足だけが先にステップして、その後ボディーが動き体重を移していく
 というテクニックです。
 前進だけでなく、回転の前半でもディレイドフォワードのテクニックを
 表現できるようになると素敵です。ヒップの動きなども連動できるように
 練習してみてください。

オープニングアウトを踊る時の
女性の踊り方でもディレイドフォワードを使ってみてください
その時、男性も女性のアクションを意識しておかないと
男性の腕で女性を押してしまわないリードが重要になります。

 

ルンバのベーシックステップを踊るときにも
脚部の様々なアクションを丁寧に表現してみましょう。

カウントの意識も上級者っぽく踊るために大事

1,2,3,4だけでなく
1&2&3,4&などの

&カウントでの体重移動とヒップのローテションを
表現する練習やレッスンに時間をかけてみてください。

今知っているステップ
今踊れているルーティンのままでんも

以前とガラリと踊りが変わると思います。

しばらくは、新しいステップを覚えることを中止したり
基本かつ上級者っぽいウド期の
ヒップのローテション、脚部のアクションを練習してみてはいかがでしょうか。

 

ルンバの練習にはこちらの記事もご覧ください。
 記事の内容は、「一人で練習できること」です。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

*****************************************
ヒロスダンススタジオ 
 
◆社交ダンス教室です
 日曜日の社交ダンスレッスンも可能です
 

◆貸しスタジオとして借りられます:先生向け 
★ダンス、楽器などのレッスン会場としてご利用ください

 
◆貸しスタジオとして借りられます:お友達・個人の練習向け
楽器、音楽、ダンス、余興の練習など
★練習場所としてご利用ください

静岡市清水区村松699-1

【電話はこちら】
054-334ー7115  

【メールはこちら】
suzuki@hirosu.jp

『ネットでみました』でお話ください。
電話・メールをお待ちしております。

※当スタジオでは
パーティーや発表会は
好きですが開催しておりません。

 
■社交ダンスを通じてSDGsに取組んでいます。
 
 社交ダンスの魅力と力で 
   ひとりじゃない、
   いつまでも動ける身体でいよう 
 健康長寿を伸ばそう

 
 がテーマです。
関連記事は、こちらをクリックしてください。
 おしゃべり、運動、気分転換
※健康寿命、健康長寿のためにも社交ダンス!

【ヒロスダンススタジオの役割と使命】
ヒロスダンススタジオの私たちの使命は
社交ダンスを通じて人々の幸せと身体と頭とこころの健康をもたらすことです。
そして、社交ダンスの普及と穏やかな心で過ごせる人を増やすことを目指しています。
*******************************************
 
▶ツイッター:レッスン内容や、社交ダンスのコツを
 投稿しています。
     https://twitter.com/Hirosu050Studio  

コメント

タイトルとURLをコピーしました