見る視るのくり返しが成長と上達のコツ

静岡市メンターのヒロス流見ると視る メンター

同じ”みる”でも違う 見ると視る

 社交ダンスでも
  日常生活でも
   ビジネスでも

☑見ることは大事

 見て学ぶ、視て気づくということを
ちょっと細かく考えてみようと思います。

 

「見る」と「視る」 のヒロス流考え方

見るは、観察や情報収集
視るは、想像や気づきを探ること

というように分けて考えています。

 

見るということ

社交ダンスのレッスンのときに
ときどき言うのが

✔動かないで見るだけにしてみてください

 

これは、見る という時間を大事にしたいからです。

見る は、

観察すること、よく見ること
見落としがないか気をつけてみる

という情報収集的な要素だと思います。

 

 見る において注意することは

☑意識していることや自分の気になっている
 ものしか、見えていないときがある。

ということです。

 どういうことかと言うと、
誰かと一緒にホームセンターや
スーパーなどに行った後に
記憶に残っている商品は
人それぞれだったり、
「えっ?それ売ってたの?」

というように

✔見るときには
 思っている以上に
 見ることに集中することが大事です。

 

視るということ

具体的、物理的な目の前のものを
見るということではなく

 目に入ってこない部分
見えていない部分
感覚の部分など

イメージや想像を伴って
見ることが

視るということだと思います。

 視ることで
感覚やタイミングを想像したり
発見や気づきの意識をもって見ることだと思います。

見る時間が多いこと視る時間をつくることが大事

 視ることができるためには、

まずは、大量に見ることがスタート地点だと思います。

 

 見ているようで、見えていないものが
思っている上に多くあるという事実を
まずは、知っておくことが大事です。

✔意識しているもの、興味あるものしか
 見えていない。。。

✔気にしていない部分、知らない部分は
 見えていない。。。

ということに注意です!!

 

大量に見る、たくさんの時間を掛けて見ることで
その次に
視えてくると思います。

 

目の前の物質や動きという
ホントに見えていることだけでなく

 物理的には見えていない
感覚や雰囲気などの想像や気持ちが
反応する部分が視えてくると思います。

 

見本をみる
学ぶためにみる

✔みることの2つのみかた

 見る  視る

 

についての話でした。

 

 社交ダンスのレッスンを通じて

見る、視る、見る、視る の
繰り返しの重要性を学んで頂き

日常生活でも
ビジネスでも

役立つと良いと思います。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました