美しさ を意識すること

美しさを大事にする

今日のブログは、

行動も言葉も判断も 美しさ を意識すること

という話です。

 

◆何かに迷ったら、どちらが美しい行為か。

 

◆自分のその行動は、美しいか?

 

◆その言葉は、美しいか?

 

◆その問題解決のやり方は、「美しいか?」

 

選択に迷った時、決断に迷った時、

どちらが、「美しいか」

判断規準にすると良いと思います。

 

 

社交ダンスを
やっている方も、
やったことのない方も、

 

✔社交ダンスは、美しい姿・美しい動き

 

というイメージを持っていると思います。

 

その社交ダンスの美しさの理由は、

1.正しい立ち方だから

2.男女が正しい位置で組んでいるから

3.踊りの技術力が高いから

4.お互いを大切に思うアイコンタクトが
  しっかりできているから

です。

 

つまり、美しい という 結果は、
中味が伴っていることが多いということを
社交ダンサーは、学んで知っています。

 

美しさを常に求めて、練習したり、
競技会にでいるからこそ、

 

美しい = 理想的 = 正しい

 

という印象を持っていると思います。

 

社交ダンスの踊り方を考える時も、

話す時も、考える時も、選択と判断する時も

その結果が、美しいものになるのか

と考えると良いと思います。

 

 

【美しさ】を理想としたり、求めたりすると、

一見すると『見た目』重視と思われることがありますが、

 

そうではなく、

話し方、考え方、立ち居振る舞い、行為、判断という

状態(人間性の”中味”・人間力の”中味”からでてくる

美しさの現れだと思います。)

 

社交ダンスの場面だけでなく、

日常生活でも、ビジネスでも

 

その言動、判断、立ち居振る舞いを

 

美しい することを意識してみると良いと思います。

 

 かっこいいとか、きれいとかではなく

 

美しい  を 大事にしてきましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください