経験の多い少ないより丁寧に踊ることが大事

社交ダンスのコツ雑はダメ丁寧に踊ること ヒロス流考え方

社交ダンスの上級者でも初心者でも雑な踊りがダメ

趣味と遊びの社交ダンスを
相手も自分も周りの人も楽しく踊るためには
雑に踊らず丁寧に踊ることが大切です。

経験豊かな上級者が初心者と踊るときは
相手の動きを感じて丁寧に踊る調整がとても重要だと思います。

安全に踊るためにも、踊りの強さ、大きさを
丁寧に調整して踊る意識が必要です。

 

特に、決まったカップル同士の練習の時
疲れてきたには
・雑に踊らないこと
・丁寧に踊ること
を声に出すぐらい大事なことだと思います。

社交ダンスでも
日常生活でも
ビジネスでも

上級者なのか経験が少ないかより
雑にやっていないか、丁寧にやっているかが
相手に伝わりやすいように思います。

雑な踊り、雑な言動はよくないです。

丁寧な踊り、丁寧な言動を心掛け
社交ダンスの時間も
日常生活でもビジネスでも

心軽く、気持ちよくお互い過ごせると良いと思います。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました