上達のコツ:トラブル部分への「問い」が大事

社交ダンス上達と改善のコツヒロス流 ヒロス流考え方

上手に踊れない
上手にできない
ここはこれでいいのかな?

上手にできない部分を課題問題と気づくことが大事

上達するきっかけは
「問い」「疑問」を
言葉にすることだと思います。

 

 別の言い方をすると

✔問いを立てる

ということが上達や改善のスタートに
なるということです。

 

気づきの部分の言い方を変える

気づきの部分を
どんどん疑問文に変えていくという方法が
いいと思います。

■上手に踊れない。

ということを

 → なぜ上手に踊れないのかな?

 → 上手な人は何を気をつけているのかな~

 → カウントはあっているかな?

 → 顔の向きやポジションはあっているかな?

 

 というように

気づきをどんどん
 問いや疑問にかえていく。

 

「問い」「疑問」にも2種類ある

同じ疑問文に考えを進めたとき

2つのパターンがあることを
知っておくといいと思います。

1.調べれば(聞けば)わかること

2.感覚を身につけることでわかること

 

1.調べれば(聞けば)わかること

これは、テキストや先生や
上手に踊れる方に聞けば
わかることで、

すべての方に共通な
”知識”と”テクニック”なので

解決しやすいと思います。
実際にできるできないはあると思いますが
答えは得られると思います。

 

2.感覚を身につけることでわかること

これは、伝え方、捉え方で
人ぞれぞれ違うことが多いので
答えを得るには時間がかかることが多いです。

 

趣味や日常生活やビジネスでの上達方法の共通点

◆今の状況に関心を持つ
◆疑問、質問、問いを言葉としてアウトプットする
◆調べることで答えが出るものと出ないものがあると
 理解する
◆問い疑問点を
  ・どんどん発展させて深堀りする
  ・どんどん疑問や問いの言葉を
   さらに1つ1つ疑問や問いにして
   分解していく

 

社交ダンスでも
 日常生活でも
  ビジネスでも

現状への疑問と問いを出す思考のクセを
身につけていくと

上達するだけでなく
何かあったときの問題解決能力も
高まると考えます

 

解決できなかったり
答えがでなかったり
することも多いですが、

それでも”疑問”、”問い”、を
言語化することが大事だと思います。

 社交ダンスから学んだ
ヒロス流考え方の話でした。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

*****************************************
ヒロスダンススタジオ 
 
◇主に社交ダンス教室です
         日曜日も社交ダンスレッスンしています
 
◇貸しスタジオとして借りられます:先生向け 
    ★ダンス、楽器などのレッスン会場としてご利用ください
 
 
◇貸しスタジオとして借りられます:お友達・個人の練習向け
  楽器、音楽、ダンス、余興の練習など
    ★練習場所としてご利用ください
 
 
静岡市清水区村松699-1
『ネットでみました』でお話ください。
   メールもお待ちしております。
 
 
■社交ダンスを通じてSDGsに取組んでいます。
 
 社交ダンスの魅力と力で 
   ひとりじゃない、
   いつまでも動ける身体でいよう 
 健康長寿を伸ばそう
 
 がテーマです。
関連記事は、こちらをクリックしてください。
※健康寿命、健康長寿のためにも社交ダンス!
*******************************************
 
▶ツイッター:レッスン内容や、社交ダンスのコツ
 
▶インスタグラム
 
▶フェイスブック
 
▶ユーチューブ :スタジオの様子も見れます。
 
 
旧ブログサイト
 

♢社交ダンスレッスン ♢ 貸しスタジオ ♢ レンタススタジオ
♢ 各種ダンスインストラクター向けスタジオレンタル
♢ 短時間エクササイズ ダイエットエンド

コメント

タイトルとURLをコピーしました