社交ダンスをもっと気持ちよく踊るコツ

社交ダンスを気持ちよく踊る 社交ダンス

自分で決めるとシュッとパッと踊れる

社交ダンスを気持ちよく
踊るためには

 

【体重が素早くしっかり乗ること】

ステップした足にスパッと
 体重が乗る感じや
 ドンドンは派手ですが、
 そんな感じで出した足に
 すぐにしっかりと体重が乗る感じが大事です。
     

 

【非日常的なシュッと回転すること】

回転のときに
 シュッ!ときれよい回転
 キュッ!っというシューズ足元からの回転で
 少しでも遠心力を感じられるといいです。

 

【ダンサーらしい腕の動きを行うこと】

腕を上げたり
 腕を横に伸ばすときに
 パッ!と動かす。
まるで指先についた水を切るような
きれよい腕の振りが気持ちいですね。

逆に
ルンバなどボーディーの動きが
肩、肘、手首に伝わっていくような
セクシーな動きも踊っていて
気持ちよく感じます。

 

呼吸を止めず力を抜いた身体づくりが大事

素早い体重移動のためには
膝から下の動き
シューズの素早い振り出しが必要です。

そのためには
動きを始める前には
脚部の余分な力が抜けていることが前提になります。

 

腕の動きも同じです。

タンゴのキレの良い身体、顔の向きの
動作のときも同じです。

 

思っている以上に
力を抜いておく必要があります。

 

しなやかな棒だから
ピシッと動く

濡れた手をふるときも
手首はグラグラ

 

切れよく
素早い動きをするためには

緊張をなくし、思っている以上に
力を抜くことが大事です。

 

立ち方、組み方を整えられる範囲内で

おそらくですが
思っている以上に力を抜くことで

今まで以上に気持ちよく社交ダンスが踊れると思います。

 

力を抜き
きれよい動きには

呼吸のタイミングも重要です。

 

呼吸、立ち方、組み方を
崩さない程度に

力を抜いて
シュ!パッ と動いて

もっと社交ダンスを気持ちよく踊れるといいと思います。

練習してみてください。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました