社交ダンスの学び方:全種類を踊ってみる

静岡市清水区社交ダンス入門初めて未経験 社交ダンス

全体像をつかんでから細かく学ぶ社交ダンス

ヒロス流学び方のコツについて
話したいと思います。

社交ダンスでも
日常生活でも
ビジネスでも

✔全体像をつかんでから
 細かく学んでいく

という方法が良いと思います。

 

全体の中のどの部分を学んでいるかを知ることが大事

特に、基礎を学んでいる時
社交ダンスの踊り全体の中で

今、どの部分に役立つのか
何のためにレッスンや練習を
しているのか

を承知しておくことが大事です。

 

◆立ち方の練習の繰り返しの場合

・踊っている時にふらつかないため
・相手によりかからないで踊るため

 

◆音楽なしカウントだけの練習の場合

音楽とステップのタイミングを
 合わせる目的の他に

・足の動きの強弱を知るため
・移動の大きさの大小を知るため

 

多種目を知れば踊りの違いを学びやすい

社交ダンスの習い初めでも
多種目を踊ることが大事です。

まずは、1〜3種類のステップの
繰り返しでいいので

ワルツ、タンゴ、チャチャチャ
サンバなど

本格的な社交ダンスの種目でも
ちょこっと踊ることです。

 

社交ダンスは、音楽を
楽しみながら踊ることが大事。

そのためには、
いろいろな音楽、
「これはワルツだね」
「これはルンバだね」

と、音楽の雰囲気やテンポの違いを
各種目知っておくことで
入門クラスの方や
初級クラスの方も

音楽の雰囲気を表現する
踊りに近づける=楽しい
につながると思います。

 

パーティーダンスといわれる
気軽な社交ダンスの場合では

基礎のステップを
繰り返して踊って
社交ダンスを楽しむことができます。

 

競技や発表会を目的にすると
たくさんのことを学ぶ必要があります。

一方、
趣味や遊び、健康目的の
社交ダンスでは

細かな点を心配せず
大雑把に踊って良いと
考えることで
気軽に社交ダンスを楽しめます。

 

ヒロスダンススタジオでは
入門の方から
中級の方を中心に

安全に楽に踊るコツを
レッスンしております。

 

お気軽に体験レッスンを
ご予約ください。

 

お問い合わせ担当は
ミスズです。

静岡市清水区村松699-1
 
【電話はこちら】
 
【メールはこちら】
 
『ネットでみました』でお話ください。
   電話・メールをお待ちしております。
 
※当スタジオでは
 パーティーや発表会は開催しておりません。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました