社交ダンス ルンバの実際のレッスン内容

ルンバの上達のコツ 社交ダンス

ルンバの具体的レッスン内容

ヒロス流社交ダンス
上達のコツ

ルンバの実際のレッスンの内容を
ご紹介します。

◆2,3のウェイトチェンジ

◆脚部のイメージ

◆腕の使い方伸ばし方

 

ルンバ23を気持ちよく踊るコツ

カウント2,3のウェイトチェンジのときに
体重の移動を感じること

 

そのための具体的なレッスン
内容は、23を3回繰り返すを組み込む

 

普通は、

1,2,3,4 1,2,3,4で
サラサラ~と踊り続けますが、

1,2,3,2,3,2,3,4,1
2,3,2,3,2,3,4,1

というように

2,3の部分は3回繰り返す
というレッスン方法。

2,3のウェイトチェンジ
足の位置を動かさないで
2,3のウェイトチェンジを確認する方法です。

 

ルンバの脚部をちょっと気持ちよく動かす方法

膝を曲げる
足の甲の部分の足首を伸ばすレッスン

体重の乗っていない足が
軸足を通過するときに、
三角形を見せるレッスン。

垂直に立っている足の線と
ステップする足の線で
三角形を作る。

つまり、

1.直角三角形
2.三角形
3.直角三角形

という膝を曲げているときも
ステップしたときも
三角形を見せる感じで
脚部を動かすレッスン。

 

肘、肩、を動かして踊る社交ダンス

文章での表現は難しいですが、、、

まずは、腕を伸ばすときの
肘の動きのレッスン内容ですが、

◆肘から出して、手首、指先
 の順番で伸ばしていく

 

たたむときも、肘をボディーに
近づけてくる感じということ

手首、手の移動ばかりを
意識してしまわないこと。

 

 

その他、

・視線のこと
・つま先の向きのこと
・思っている以上に
 ヒールに乗る時間が多いこと

などたくさん
気持ちよく踊るコツを
レッスンしています。

 

ルンバはゆっくりなテンポですが
動かしたいこと
表現したいこと

が多いので、

チャチャチャよりも
忙しく感じます。

やりたい動きの割には
曲のテンポが早く感じてきたら
身につけたテクニックが
増えてきた証拠だと思います。

 

今日は、

ルンバの具体的レッスン内容を
一部ご紹介いたしました。

ツイッターでは
ヒロス流社交ダンスのコツを
毎日ツイートしております。

良いねとフォローをよろしくお願いいたします。

▶ツイッター:レッスン内容や、社交ダンスのコツ

 

*****************************************
ヒロスダンススタジオ 
 
社交ダンス教室です
 日曜日の社交ダンスレッスンも可能です
 
 
◆貸しスタジオとして借りられます:先生向け 
★ダンス、楽器などのレッスン会場としてご利用ください
 
 
◆貸しスタジオとして借りられます:お友達・個人の練習向け
楽器、音楽、ダンス、余興の練習など
練習場所としてご利用ください
 
静岡市清水区村松699-1
 
【電話はこちら】
 
【メールはこちら】
 
『ネットでみました』でお話ください。
電話・メールをお待ちしております。
 
※当スタジオでは
パーティーや発表会は
好きですが開催しておりません。
 
 
■社交ダンスを通じてSDGsに取組んでいます。
 
 社交ダンスの魅力と力で 
   ひとりじゃない、
   いつまでも動ける身体でいよう 
 健康長寿を伸ばそう
 
 
 がテーマです。
関連記事は、こちらをクリックしてください。
【おしゃべり、運動、気分転換】
※健康寿命、健康長寿のためにも社交ダンス!
 
*******************************************
 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました