意識と意欲の違い

意識 意欲 社交ダンス

意識 意欲

今回のブログ、ひとことで言えば、

意識と意欲の違い
「意欲」が大事です。

意識:周りとの関わりが行動の源
意欲:自らの行動の源

 

社交ダンスや趣味でもビジネスでも
上達で大切なことは、
それを好き(という意欲)でいることです。

・他の人より努力して練習する。
・計画どおりに練習する。
・気合と根性で練習する。
という他の人から止められても自ら
やりたい、やる!という意欲。

 

 つまり、周りへのアピールや、
周りの人との練習量の比較がもとで、

周りの目を気にして
行動しているのは、意識が行動の元
とうことです。

 

 社交ダンスでも、ビジネスでも
周りの人と比べるという
・意識レベルの行動だと
・人の目を気にした行動だと
✔普通から抜け出せません。

しかも意識レベルでの行動は、長続きしません。

 

意識レベルでの行動ではなく、
才能や努力でもなく、もっと大切なことは、
あなたの意欲です。

 

自分の中から湧き出る意欲を言い訳にして
行動することです。

 周りの人の存在は気にならない。
自分1人での感覚が重要です。

 

・社交ダンスが好きという気持ち
・社交ダンスの技術をもっと知りたい
・目標の踊りに近づきたい

自分の中から湧き出る意欲で
思わず行動してしまうということです。

行動したくなる言い訳が意欲のとき、
どんどん行動(練習など)すると思います。

 

強い意欲は、結果として
練習時間や取組みの時間を長くします。

なんでも長くつづけると、自分では、
修正点や改善点に
気付きにくくなるので注意が必要です。

 

そのために、長く続いている状況のときには、

飽き防止にもなりますが、
時々新しいステップ(取組)などを
  取り入れること。

新しい情報交換の機会を増やすように工夫すること

が、大切になります。

いくら意欲をもって行動しても、
新しい何かを取り入れることが
周りをみるきっかけにもなりますね。

 

 今回も読んでいただき

ありがとうございました。

 

 気分転換したい方は、
ヒロスダンススタジオで

 社交ダンスを始めてみませんか?

 

無料体験レッスン お気軽に
お申し込みしてください。

 

お待ちしております。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました