社交ダンスも時間経過が上達のコツ

時間経過が上達のコツ ヒロス流考え方

上達や進化も時間が立つことも必要

社交ダンスでも
日常生活でも
ビジネスでも

聞いたり読んだりして
テクニックやコツを学んでも
すぐには身体が動かせないことが多いです。

 

そんなときは、

◆時間が必要、時間が解決してくれる

そう思うことが大切です。

 

ルンバウォークも
パソコンのタイピングも
スマホの入力も

やり方が分かったとしても
すぐには上手にできません。

しかし

時間が経つことで

上手に身体が動くようになったり
入力が早くなったりします。

 

論理や知識、やり方やコツを
どんなに理解できたとしても

はじめは、ぎくしゃくしてうまくいきません。

ともかく、
◆継続すること
◆時間が経つこと

が必要です。

 

継続=時間経過

つまり

時間経過とともに上手になる

ということを信じて
目の前の今やっていることを

繰り返し継続して時間を使いましょう。

時間をかければ

上手にできなかったルンバウォークも
パソコンやスマホの入力も早く正確に上達していきます。

 

たくさんの知識やテクニックを知ることだけでなく
ある程度の知識をもとに

やり続けること=時間経過すること

で上手になることも多いということを
知っておくと

焦ることなくゆっくり丁寧に
今日明日の練習を継続できると思います。

 

時間経過とともに上達する

そのことを信じて

新しいことをはじめたら
時間経過が必要だと思って
眼の前のことに取り組んで行けると良いと思います。

社交ダンスもなかなか難しいことが多いです。
はじめの半年1年は、大変な場面も多いと思いますが

時間が必要です、時間が経てばいい感じに進化するはずです。

◆時間経過とともに上達する

という話でした。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました