勘が働く社交ダンサーになるために失敗は必要

勘が働く社交ダンス ヒロス流考え方

社交ダンスは失敗を重ねることで勘が磨ける

社交ダンスは、2人で組んで踊るので
自分の失敗も相手の失敗も
直接的ダイレクトに表面化します。

 

だから、
失敗を恐れて
小さく弱く踊ってしまって
音楽に遅れ、ノリが悪くなることも
ちょくちょくあります。

◆失敗はポジティブ要素も多く
 リードやフォローの失敗を
 多く経験すればするほど

☑決まったルーティンがない踊りのときの
 とっさのステップの ”勘”が働きやすくなります。

 

つまり、

次のステップへのリードの
 ひらめき、勘の働きが多い方は
過去により多くのリードの失敗を
しているということになります。

 女性の役割のフォローも同じです。
男性のリードがわかりにくい時
「あっこれね。」
というフォローにおける
とっさの”勘”が働きやすくなります。

 

失敗や不安が多きときの踊りの特徴

失敗=ネガティブイメージだけ

にならないようにしましょう。

✔失敗=今後の”勘”のトレーニングだね。

とポジティブに捉えてながら
社交ダンスを踊れると良いです。

 

 社交ダンスは、
ステップとウェイトチェンジと回転
という動作の組み合わせです。

失敗や不安を抱えながら踊ると

その一歩が

✔ステップなのか、ウェイトチェンジなのか
 非常に曖昧な動きになります。

 

■ステップ:
 踏み出す一歩にすぐに体重を乗せること

■ウェイトチェンジ:
 一歩を踏み出さないもしくは
 クローズした
 片方の脚から反対の脚に体重を移すこと
 

失敗の反対の成功は極めて少ないのが社交ダンス

ラテンでもスタンダード(モダン)でも
2人で踊る社交ダンスにおいては

動きタイミングもピッタリ
動き出しもピッタリ
ステップの強弱、大小、長短のピッタリ

ということは、ほとんどないと思います。

 

ピッタリ=成功=失敗ではない
という考え方は良くないと思います。

 

✔ほとんど成功=ピッタリがない社交ダンス
 だから、成功の反対を失敗と考えたら
 ずーっと失敗している感じになってしまいます。

 

2人で踊る社交ダンスでの
リードやフォローの失敗
ルーティンを間違ったり
ルーティンを忘れてトラブったとき

✔踊りを止めず、どんなステップでも
 踊りを続けること

これが大事です。

 

失敗してトラブった
でも、踊りを止めなかった。

そうすることで

踊りが止まらないで
勘のよく働く社交ダンさーになれると思います。

 

☑将来、勘の働く社交ダンサーに
 なるためには
 一定程度の失敗の経験が必要ということです。

 

失敗をポジティブに考えるメリットと
社交ダンスで勘が働くようになる仕組み

についての話でした。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

*****************************************
ヒロスダンススタジオ 
 
◇主に社交ダンス教室です
         日曜日も社交ダンスレッスンしています
 
◇貸しスタジオとして借りられます:先生向け 
    ★ダンス、楽器などのレッスン会場としてご利用ください
 
 
◇貸しスタジオとして借りられます:お友達・個人の練習向け
  楽器、音楽、ダンス、余興の練習など
    ★練習場所としてご利用ください
 
 
静岡市清水区村松699-1
『ネットでみました』でお話ください。
   メールもお待ちしております。
 
 
■社交ダンスを通じてSDGsに取組んでいます。
 
 社交ダンスの魅力と力で 
   ひとりじゃない、
   いつまでも動ける身体でいよう 
 健康長寿を伸ばそう
 
 がテーマです。
関連記事は、こちらをクリックしてください。
※健康寿命、健康長寿のためにも社交ダンス!
*******************************************
 
▶ツイッター:レッスン内容や、社交ダンスのコツ
 
▶インスタグラム
 
▶フェイスブック
 
▶ユーチューブ :スタジオの様子も見れます。
 
 
旧ブログサイト
 

♢社交ダンスレッスン ♢ 貸しスタジオ ♢ レンタススタジオ(練習場)
♢ 各種ダンスインストラクター向けスタジオレンタル(レッスン会場お稽古場)
♢ 短時間エクササイズ ダイエットエンド

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました