上達のコツ 相手を想うとやることが分かる

社交ダンス 上達のコツ 考え方 ヒロス流考え方
社交ダンス 上達のコツ 考え方
 
社交ダンス上達のコツについて
話します。
 
 
◆自分がどう踊るかを一生懸命考える前に
 

 相手がどうしたら、踊りやすかを最優先的に考えること

 
そうすれば、自分がどうすればいいか【自動的に】答えが出る。
 
だから、その事前準備として、
 
相手のことを考えて自分がどうすればいいのか、
 
その答え通りに動けるよう
 
事前に技術を高めておくことです。
 
 
せっかく相手のことを思って、
こうして踊ってあげたい、
って役割意識がでても、それを実行(踊る)ことが
できないともったいないです。
 
 そのためには、技術(テクニック)を身に着けておく必要があります。
 
自分の技術の習得と
相手を踊りやすくするための意識
 
は、別々に意識して、練習してみて下さい。
 
 
 
例:こんな場面ではこう意識する
 

☑相手が外回りに移動する

 だから、 自分は、内回りだから小さく弱く踊る
 
☑相手が前に立って踊るポジション
 
 だから、
    よく見える後ろにいる自分が距離と位置を調整する
 
 
 
【 まとめ 】
 
考える順番
①相手が踊りやすいようにしたい
 
②自分にできる役割を考える
 
③自分がどう踊るのかを考えて実行(動作)する
 
 
 
自分が動やったらいいのか、
何を練習したらいいのか、
 
迷い始めたら、
 
 
◆相手が喜ぶこと
◆相手に役に立つこと
◆相手にほめられること
 
相手に喜ばれて、
しかも自分も気分が良くなること
 
を実行して(踊って)いきましょう。
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました