上手な点や強みを見つけられますか

強みを活かすことが大事 ヒロス流考え方

今日は、社交ダンスでも
日常生活でも、ビジネスでも

他人にも、自分にも役立つ

☑強みをみつけて褒めよう

という話です。

欠点や苦手を見つけることは得意

特に自分自身について

■ここが苦手
■ここがうまくいかない

という欠点や問題点を見つけることは得意だと思います。

それは、おそらく小さなときから

✔注意されることが多かったから

✔直すこと失敗をきにしていたから

だと思います。

 

親も、先生も、自分も
欠点を指摘することが
本人の成長だと思っているからだと思います。

 

欠点や苦手なことのすべてがマイナスではない

欠点、苦手部分が、マイナスだと考えた場合
そのことを改善しても、”ゼロ”にするだけのことだと思います。

しかもその欠点や苦手部分は、

本当にマイナスなことなのかも疑問です。

欠点や苦手部分の行動が『失敗』することに
つながっているとしても

それは、本当に失敗なのかな?って思います。

 失敗したら、

✔この次にしないようにすれば良い

ということ。

 失敗の中には、
今後の成長になるヒントがあることが多いです。

 

失敗は次に活かせる今後すべきことのヒントがある

うまくいかなかった時
失敗という感じなった時

その中には

✔この次は、こうしよう!あ〜しよう!

ということがあることが多いです。

もしくは、

次に何をすべきかが見つかることがあります。

 

うまくいかない場面の対応策

☑次に活かすという意識

を持っていれば良いと思います。

 

弱点、苦手部分を正しくない方法で
練習を繰り返すことで

✔失敗のやり方が身体に定着する危険

があります。

 

欠点、苦手部分の改善方法

どうしても欠点や苦手部分を
先に改善したい。。。

そんなときは、

必ず、正しい指導、正しい練習方法が
確保出来た時だけするようにしましょう。

失敗、うまくいかないことの
反復練習にならないように気をつけましょう。

 

上手くいく得意な部分を伸ばしましょう

現状でプラスの部分をもっとプラスに
することの方が大事だと思います。

 

 そのためにまずは、
自分の得意なこと
上手な点を伸ばしたいという意識に変えましょう

☑自分の強みをみつけること

これからは、

✔自分の強み、自分の長所を自分で自分を褒める

そういう意識で生活することが大事だと思います。
まずは、見つけること
視点、見方を変えて、良い点が目に入ってくるように
意識を変えていきましょう

 

社交ダンスでもそうですが

☑相手が持っている長所を活かす

そのことが、心地よい練習
自分たちのためになる練習になるはずです。

 褒め合う、相手の強みを教え合うことで
常に機嫌よく練習ができるはずです。

 

 最も難しいことは

これまでの生活では(人生)で
欠点や弱みを見つけるものの見方が多かった場合

長所や強みを見つけるための 

ものの見方、意識を変えるトレーニングを
積む必要があります。

 

自分も他人に対しても

これまでの
✔欠点や指導したい部分を探す”目”から
 長所や強みを見るける”目”に変えていきましょう

 

『意識しているところしか見えない』

そんな、人間の”目の習性”があるので

常に、

✔上手な所、良いところを褒めたいという意識

✔強みを見つけたいという意識

をもって

社交ダンスも、日常生活も、ビジネスでも
その意識で過ごすことをオススメいたします。

 

P.S.

 レッスンのときも、

良い点、強みを見つけて
できるだけお伝えしていきたいと思います。

レッスン時間を心地よくすごしていただき
もっと上手に社交ダンスが
踊れるようにレッスンしていきますね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました