ヒロス流 先が読めない時の対処法

ヒロス流 不安解消策 ヒロス流考え方

誰も先が読めない。けれど、初心者と上級者には違いがある

という話です。

 

ダンスタイム、競技会のフロアー

誰も先の動きが読めない。。。

 

ダンスだけじゃなく日常生活でも
ビジネスでも似た状況ありますね。

 

・ぶつかってしまうんじゃないか、

・自分たちの踊り(行動)が止まってしまうんじゃないか

・頭の中が真っ白(思考停止)になってしまうんじゃないか

・予定していた踊りができなくなってしまうんじゃないか

ただただ不安ばかり。。。。先が読めない不安。

 

 

 そんな”先が読めない”という不安は、

一定レベル以上になると、激減します。

 

 

むしろ、

読めない、確認できない中を
読みながら踊ることが

楽しくなります。

⇒ 上手くなった!上達した!!

って実感できる部分です。

 

 

初心者と上級者はどの部分が違うのか。

 

①ステップの順番、回転量を調整する
  修正能力が高い

②まわりの動きの察知したときの
  変更を実行するのが早い

③組んでいる相手がついてこれるかリード・動きの
  慎重さの意識が高い

 

 

・ステップの種類も違う

・ステップの順番も違う

・踊りのスピードも違う

・踊りの大きさも違う

 

 

違うことだらけの中、

★修正能力
★判斷から行動の速さ
★慎重さ

 

この3点をバランスよく
高めていくことを意識すること

 

先が読めない中でも

楽しく踊れるようになると思います。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました