インプットとアウトプットのバランス 不安解消策 

アウトプットはインプットの2倍 ヒロス流考え方

社交ダンスでも
日常生活でも
ビジネスでも

 

◆漠然とした不安が多い時

◆物事がうまく進まない時

そんな時は、決まって、

☑大量のインプットで落ち着かせる

 

という流れ。。。

 

社交ダンスでも

◆わからない部分、
◆上手にできない所

は、レッスンの時に質問して、

たくさんのヒントやり方という

☑インプットを増やして学ぼうとする

 

このように
インプット、インプットばかりで

安心して、満足して、

脳が不安解消できた!!!って

勘違い

 

してしまうので、注意が必要です。

 

 

やっぱり重要なことは、

☑インプットの後のアウトプットの量

 

聞いたこを繰り返し、声に出して
メモしたりして、大量のアウトプットが
問題解決のスタートラインです。

 

社交ダンスのレッスンで
教えてもらったり、知ったことを

何度も繰り返し練習(アウトプット)することが、
上手になるためのスタートラインです。

 

読書や、説明聞いたり、
レッスンを受けたり

という インプット

 

聞いたことを書いたり、
人に話したり、
練習したり

というアウトプット

 

そのバランスは、

思っている以上に大量のアウトプットが
大事です。

 

 書く、話す、練習するという

アウトプットを
インプットの量も時間も2倍使う!

 

これが重要だと思っています。

 

大量のインプットは、大事です。

 

でも、その大量インプットの2倍の
アウトプットすることがすごく大事だと思います。

 

 大量のインプットで安心するのではなく、

その大量インプットの2倍のアウトプットをすることで、 

いろいろな問題解決につながると良いと思います。

 

【インプットの量・時間】の

2倍の量・時間 を

アウトプットに使ってみてはいかがでしょうか。

 

ヒロス流、社交ダンスから学んだ、

不安解消と上達のコツでした。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました