健康と幸せのためにはわざわざ行動すること

健康と幸せのための社交ダンス スタッフ日記

楽しく過ごすために行動していますか

 歳を重ねれば重ねるほど
楽しい時間を過ごすためには

☑意識的な行動と計画が必要なってくる

と思います。

 

 体力つけたい、足腰を強くしたい
気分転換したい、エネルギッシュな時間を過ごしたい
楽しい時間をすごしたい

ほとんどのことは、家の中だけでは
やりきれないことが多いです。

スペースの問題
設備の問題
やり方継続の問題など。。。

 

だから、コロナを理由にして
・何もしない
・あれもこれもやめた
・はじめるのはもっと先

というのではなく

相当、思っている以上に

☑積極的に行動して

☑わざわざ始める、わざわざ行く

☑わざわざ予定を組む

という ”苦労” と ”努力” が必要です。

 

感染予防を理由にできる安心感

今は、

・やらない
・やめる
・初めない
・時期を待つ

どんなことも ”コロナだから” で
自分を納得させることができてしまう
状況です。

 

 今までも、コロナ騒ぎの前でも
どんなに好きな趣味も習い事も
時々はお休みしたくなったり
ちょっとの間、お休みしよう。
って思ったりしていたと思います。

そんな時、いつも
◆休んだり、辞めたりする理由を
 一生懸命探していたと思います。

 

というより、

消極的な言動、
否定的な言動や
批判的な言動の時に限って

何故か、
とても豊かな思考の回路が
バンバン働くように感じています。

辞めたり、休んだり、
先送りする時、

コロナ騒ぎの前でも

想像性豊かにその休む辞める理由を
見つけ出していたと思います。

 

 ヒロス流考え方としては

 休みたい、辞めたい時は、
学校や会社ではないから
”単なるお休み”
”単に辞める”

ということにすれば良いと思います。

 

機会があれば、再開。
ということで良いと思います。

 

だけど、

多くの方は、休む辞める時、

自分に多くの理由(納得解)を探そうとしがちです。

 

 

レッスン、お稽古ごと、習い事に

単に
・行かない
・お休みする

ということで良いのです。

 

 特別な理由は不要だと思います。

 

すべてがコロナ禍を理由にできる

・家から出ない

・レッスンやお稽古ごとに行かない

・運動をしない

・人との会話をしない

・短時間で終わる

など、

趣味や楽しみを辞めたり、休んだりすることに

☑自分も周りの人にも「コロナが気になるから」
  という一言で納得でき承認されます

 

 そして、人生の楽しみが減っていく

そんな状況が続いているように感じます。

 

ヒロスダンススタジオでは

上手な対応と理解で

社交ダンスを踊って
楽しい時間を過ごせているので

とても良いと思っています。

 

否定的な時と同じくらいプラスのときも想像性豊かに

先程も書きましたが、

否定、批判、というネガティブな言動の時は
とても想像性豊かに脳が活動しがちです。

 

一方で

肯定的、積極的なポジティブな言動の時は
とても慎重で視野が狭くなりがちだと思います。

 

 楽しい時間
 気分転換を作るためにどうしたら良いのか?

 ヒロス流考え方としては

どんどん行動する
初めてみる
家から出ることだと思います。

 

 今、元気なすべての方が
老病死に向かって生きているとも言えます。

 

だから、

 短期的に
やってみる
初めてみる

というノリよく、心が軽くなる行動を
わざわざ、積極的に作っていけると良いと思います。

 

ヒロスダンススタジオを利用して

◆社交ダンスのレッスンだけでなく

◆貸しスタジオを利用して
 練習
 レッスン会場にする

ということで

楽しい良い時間を
わざわざ作るようにしてもらいたいと思います。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました