伝え方

ヒロス流考え方

レッスンのコツ 現状を活かして直していく

ゼロからやり直しよりも現状の修正は大変 社交ダンスでも 日常生活でも ビジネスでも 上手くできないこと 改善したい部分を 全くのゼロにしてから 1から改善するより ◆現状の良い点を活かして  修正して直していくのは忍耐...
ヒロス流考え方

社交ダンス上達の難しさは「言葉の曖昧さ」

言葉にできることも曖昧だし言葉も曖昧 最近、社交ダンスのレッスンの 難しさをちょくちょく感じているので ブログの記事も自然と この類の話が多い。 難しさの理由は 1.動作の程度を言葉に  置き換えることが難しい 2....
スタッフ日記

解釈と理解を求めずに私達の責任で伝えきる

お客様の理解力に甘えずに自分がしっかり伝える 社交ダンスのレッスンのときに お客様に ・知ってもらいたいこと ・わかってもらいたいこと を伝えるとき お客様の理解力に助けてもらおうとせず 全部を私たちの工夫で伝える努力...
ダンス教室

「相手の可能性」「できそうなこと」を伝える

「踊れそう」「できそうだよ」を理解してもらう努力 レッスンが始まったら アドバイスをしています。 ◆できる可能性の踊り ◆やれそう、修正できそうなこと をみつけて、 レッスン(アドバイス)しています。 ヒロスダンススタジオ...
メンター

上手な人といい気分にさせる人は違う

上手な人といい気分にさせる人の違い 社交ダンスの趣味の場面で ◆上手な人と  何かいい気分にさせてくれる人 がいます。  上手な人を見たいが 一緒に取り組むときには いい気分にさせてくれる人に 魅力を感じることが多いです。 ...
社交ダンス

社交ダンスのリーダー次のステップの不安

社交ダンスのリーダーは、パーティーやルーティンなしで社交ダンスを踊るときに、次のステップのリードに不安があります。そんなときは、壁にぶつからないこと、踊りを止めないこと。この2つの必要性を考えることで不安が減ります。そのコツについて書きました。
スタッフ日記

老若男女の「違いと差別」の混同が多くてイヤ

男女で踊る社交ダンスも違いがあるから美しい  最近、批判、攻撃、他人をマイナス評価する 思考の強い方が多いように感じます。 ヒロスとミスズは、 可能な限り優しく、攻撃性なく 批判的思考を少なく生活しようと ちょくちょく意識し...
ヒロスのビジネスサロン

良い説明は答えをイメージしてもらうこと

【わかった!】を想像してもらうこと 理想のレッスンの流れは 私たち先生の説明の”途中で” 「あっ、わかった!」 って、 ・お客様(生徒さん)が自ら想像できる ・自ら答えを想像してもらえる そのような説明の流れをつくることが ...
ヒロス流考え方

社交ダンス次のステップの予知能力を高めるコツ

相手の次のステップという先見や予知したい 社交ダンスを踊っているときの 不安の一つが 次のステップだと思います。 男性は、  「次のステップを何にしよう。。」 女性も同じで  「この次は何をリードされるかな。。。」 そん...
カップルのコツ

社交ダンスレッスンとハラスメント

信頼関係があるからこそ生むハラスメント  社交ダンスでも 日常生活でも、ビジネスでも 相手の言葉や行動を安心して受け入れるには ✔お互いの信頼関係ができている ということが、 前提であり スタート地点となります。 ...
ヒロス流考え方

社交ダンスでも伝えるより「伝わる」が大事

社交ダンスでも  日常生活でも   ビジネスでも 伝えることより伝わることの意識が大事 伝えるより「伝わること」が社交ダンス上達のコツ スタンダード(モダン)でもラテンでも リードやフォローの時 特に、リードの時には、 リー...
ヒロス流考え方

気分良い社交ダンスの練習とレッスンのコツ

アドバイスやコツを伝えることはお願いと考えること 社交ダンスの練習やレッスンでは 上手にできないところ 改善できるところ を相手や生徒さん(お客様)に伝えることが多いです。 コツやテクニックやアドバイスを 相手生徒さん(お客...
ヒロス流考え方

怒ることなく教えること

否定的や起こり気味で伝えず”教えるように”伝える 日常生活では ・余分なこと ・不必要なことは ・我慢できること この3つに関しては、 できるかぎり 人には言わないようにしています、、、 特に、家族に対しては 言わないか、...
スタッフ日記

惜しみなく教えます

毎回のレッスンで惜しみなく伝えている理由 毎回のレッスンで惜しみなく すべてを伝えようと必死にやっています。 なぜならば 私達の知識や感覚を100%アウトプットすることは 相当難しいと感じているからです。 つまり、 動...
ヒロス流考え方

自分でどうにかなることに取組む

社交ダンスでも 日常生活でも ビジネスでも 自分でどうにかなることをまずはやる 特定の人と組んでいるカップルでも そうでなくても 上手に踊れない時に あれこれ微調整するときに ✔相手にいろいろと言わないこと ...
カップルのコツ

リードも会話も相手の受容度合いを理解すること

社交ダンスから学んだ ヒロス流会話のコツ 一人で学習できる 話し方や伝え方の勉強だけでなく ☑相手の受け取り方について理解する技術 の勉強も必要です。 相手の受容の仕方を理解することが大事 社交ダンスでも ...
社交ダンス

我慢せずに素直に伝え合う社交ダンス上達のコツ

「No!」というほどはっきりと 強く伝えるのはトラブルのもと ですが、、、 社交ダンスでも  日常生活でも   ビジネスでも 踊りにくい時には相手に素直に伝え合うこと 「ちょっと踊りにくいな~」 「自分が原因かな~」 って...
ヒロス流考え方

不安解消の方法 社交ダンスで学ぶ言語化

なにか不安だな~ なにかソワソワする なにかイライラする 心(頭の中)の思いを言葉にできないことが原因 心(頭の中)の状態を言語化できないことが 不安、モヤモヤ、イライラを大きくしてしまう 原因だと思います。 心(頭の中)...
ヒロス流考え方

プロだな〜って感じる振る舞いヒロス流考え方

ヒロス流 プロとアマチュアの違いついて NHKの番組プロフェッショナル仕事の流儀の 方のように いろいろと素晴らしい言葉と感性で 「プロってこういうものかな」 って言えればいいのですが、 そんなすごいことは、自分には全くできませ...
ヒロス流考え方

最低20回は繰り返すこと

伝える側・教える側が人に何か伝えたい時には ✔最低20回は繰り返すつもりが大事 だと思います。 一方で、聞く側・教えられる側も ✔同じこと20回は繰り返し言われないと気づけないんだ と思うことも同じ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました