頑張れば楽に踊れるようになる

社交ダンス上達のコツ時間を掛ける 社交ダンス

頑張れば社交ダンスが上手くなる楽に踊れるようになる

まず、この記事での
頑張る という言葉の意味は

◆社交ダンスを踊っている時間を多くすること

◆練習時間を多くすること

を 頑張る と定義して話を進めますね。

社交ダンス以外でも
頑張る=上達する=それに費やす時間量
というヒロス流考え方を話します。

 

しなやかなで、シンプルで、素直に

✔頑張れば社交ダンスの踊りが上達する

そう思ってレッスンや練習を進めると
自然と社交ダンスを踊っている時間が多くなると思います。

 

 やる前から自分に期待して
気持ちを明るくしておくことは
その時間すらも楽しくなるので良いですよね。

 

 社交ダンスでもその他の趣味や学習も
かなり上のレベルまでは

✔レッスン時間や練習時間に
 比例して上手になります

 

楽しいと感じる、だから
 もっと踊りたい、もっと学びたい
 その気持ちが

☑レッスンや練習時間を増やすこと=上達

に繋がります。

 

 

上達したいことに接する時間を増やすコツ

 楽しい期待、
きっと今よりは、上手になる
きっと、もっと踊りやすくなる
もっと、わかるようになる

と、インナーワード(頭の中でのつぶやき)を
ちょっと多めにしてみると良いと思います。

 

☑思わないと行動につながらないから

 

 それと、念の為の注意としては

周りの人、特に身近な人に最終到達点を
「言わない聞いてもらわない」
ということもポイントになることもあります。

それは、

話した相手の思考のクセが常に、

「そんな簡単じゃないよ」

「無理だよ~」「今からじゃ遅いよ~」

という発言をする方にはやや注意も必要です。

元気がなくなる場合が多いからです。

 

だから、

・あのぐらいうまくなりたい
・あの種目が踊れるようになりたい

という目標や夢は、
楽観的でポジティブ思考の方を選んで
話をすると良いと思います。

 

 どうしても、
何でも言い合える関係ですと
厳しめなコメントが現実をわかっていること

のような発言が多くなりがち。
*心配だから。。。心配してもらっているから。。。

 

夢や目標を語る時には注意が必要だと思います。

心配されてほぼ自分でも
遠くの方でわかっているネガティブなコメントを

身近な方から、聞くと、

☑そもそもの行動が始まらないという

ことになるのが良くないと思います。

 

上手になるできるようになると思うと幸せ時間が増える

例えば、

■旅行や食事にいくとき

・美味しいものが食べられるだろう
・良い雰囲気の中で過ごせるだろう
・楽しいいい時間になるだろう

と、期待と楽しみという
前向きな気持ちが
実際のその場面の迎えるまで
いい時間を過ごせます

 

■役場や歯医者さん病院にいくとき

・迷うだおろうな~
・待ち時間長いだろうな~
・苦しいだろうな~
・痛いだろうな~

と、不安と心配という
ネガティブな気持ちが
実際のその場面を迎えるまで
気が重い時間を過ごすことになります。。。

 

 現実的な不安と現実的なリスクは
たくさんわかっている感じていると思います。

 

だからこそ、

意識して前向きでポジティブな
言葉で

夢や目標、

目指している状態を

頭の中で言語化したり
声に出したり
聞いてもらうと良いと思います。

 

そうすれば、
行動が増える=夢や目標のレベルに近づく

そう思います。

 

ちょっとむずかしいところも多い
社交ダンスですが、

時間に比例してうまくなる!

という気持ちで

社交ダンスを楽しんでいただけるといいと思います。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました