臨機応変に対応することが脳に良い

社交ダンスは難しい臨機応変力が脳トレに効く 社交ダンス

社交ダンスはちょっと難しく臨機応変に対応することが必要

社交ダンスは、自分一人だけ踊るのではなく

・組んでいる相手
・他のカップル

の動きを予想して踊りますが
その時、瞬間に臨機応変に対応する
必要があります。

 

◆ステップやリードが上手に伝わらない時
◆周りの状況でステップが変わる時

などです。

その時、ぐわ〜っと脳がフル回転します。

その瞬間の脳の状態が

☑脳トレに良い

☑脳の活性化に良い

と思います。

 

踊る相手も人それぞれ違う

踊る相手の経験も技術も
人それぞれ違うので複雑です。

自分の知らないステップだったり
逆に相手の方がまだ習っていない
踊ったことのないステップだったりします。

 

そんな時は、すぐに
別のステップに切り替えるか
相手に伝わるように上手に踊るか

その場、その瞬間に
臨機応変に対応することになります。

 

 

踊るステップも不規則だから刺激的

 グループレッスンでの決まったステップの順番や
特定の方といつものルーティン(ステップ)で
踊るときは良いのですが、

 非ルーティンの中でのダンスでは
・次にどのステップをリードしようか
・次のステップはあれかな???

と 予想しておく必要があります。

 

そして、予想と違ったら
臨機応変に踊りを相手に合わせる必要があります。

その瞬間、1〜2秒程度の一瞬の間に
臨機応変に踊りを変更すること

脳の活性化に良いと思います。

 

周りの状況の複雑で臨機応変な対応が必要

周りのカップルの動きを
予想することはとても難しいです。

 

特に後ろの人にぶつかってしまわないように
お互いの後ろのカップルにも気をつけて
ぶつかりそうなったら

組んでいる腕で伝えて

その瞬間にぶつからないように
踊りを変更します。

自分たちの踊りのスピードと
相手の踊りのスピード

ステップしていきそうな向きをみて

☑臨機応変に踊りを変えていきます。

 

スタジオの限られたスペースの中でも
ちょくちょく

・ステップを変更したり
・回転量を大きくしたり小さくしたり
・動きを小さくしたり

臨機応変に対応してもらっています。

 

社交ダンスは脳に良い理由

1.ステップやルーティンを覚えるから

2.相手組んで相手に合わせて踊るから

3.音楽に合わせて踊るから

4.周りの状況、相手に合わせて
  臨機応変に踊りを変えるから

5.踊りの大きさ、強さ、スピード
  タイミングなどいろいろ考えるから

 

音楽とダンスと相手と組んで踊る社交ダンス
をこれからも広めていきたいと思います。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

*****************************************
ヒロスダンススタジオ 
 
◇主に社交ダンス教室です
         日曜日も社交ダンスレッスンしています
 
◇貸しスタジオとして借りられます:先生向け 
    ★ダンス、楽器などのレッスン会場としてご利用ください
 
 
◇貸しスタジオとして借りられます:お友達・個人の練習向け
  楽器、音楽、ダンス、余興の練習など
    ★練習場所としてご利用ください
 
 
静岡市清水区村松699-1
『ネットでみました』でお話ください。
   メールもお待ちしております。
 
 
■社交ダンスを通じてSDGsに取組んでいます。
 
 社交ダンスの魅力と力で 
   ひとりじゃない、
   いつまでも動ける身体でいよう 
 
 
 がテーマです。
関連記事は、こちらをクリックしてください。
※健康寿命、健康長寿のためにも社交ダンス!
*******************************************
 
▶ツイッター:レッスン内容や、社交ダンスのコツ
 
▶インスタグラム
 
▶フェイスブック
 
▶ユーチューブ :スタジオの様子も見れます。
 
 
旧ブログサイト
 

♢社交ダンスレッスン ♢ 貸しスタジオ ♢ レンタススタジオ
♢ 各種ダンスインストラクター向けスタジオレンタル
♢ 短時間エクササイズ ダイエットエンド

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました