簡単で容易なステップを極めて社交ダンス上達

社交ダンス上達 簡単で安易な基礎力を極める 社交ダンス

簡単で容易な部分の熟練が心地良い上達実感のコツ

社交ダンスを長く学んでいると
新しいステップ、複雑なステップを
学ぼうという考えになりがちです。

 

これは、学ぶ側の希望だけでなく
教える側も同じです。

 

複雑で、大変なステップを
学ぼうとして、その割合が大きいことが
大変で「音楽とダンス」の楽しみが
ちょっと減ってしまわないかと気になります。

 

中級者にとって容易で簡単と思われることを極める

■複雑なステップを踊れるようになる
 達成感は、実に心地いいことです。

 

■タンゴらしいステップ
 これぞワルツというステップ
 というステップやルーティンを
 踊ることも、とても心地よいことです。

 

ステップ(足を着く位置)だけ
顔の向きが正しいだけでも
気持ちよく上手にはなかなかおどれないです。

 

そのためには、

✔フットワーク(シューズの裏の使い方)と

✔一人で立ったときのバランスの良さや

✔2人で組んで移動しているときのバランスの良さ

があるととても気持ちよく踊れます。

 

そのために
無意識的に、自然に、自動的に
簡単で容易な基礎部分ができていることが
ポイントになります。

 

容易で簡単な基礎力が迷いの少ない踊りになる

一見すると、容易で簡単な基礎の部分
これも、実は、身につけることに
やや時間がかかります。

 女性の場合は、
基礎の部分を
無意識的に自然にできる状態なら
ステップをたくさん覚えなくても
男性のリードで踊れる。そのぐらい
基礎力は大事なことです。

 

例えば

■ルンバの基礎力の部分

 ・腰回りのよく言う8の字での動き
  正しく、回転と骨盤の横移動の
  組み合わせた動きを身につけましょう。

 ・ルンバウォークも
  正しい腰の動きをマスターすると
  いい感じになります。
  また、1歩が終わったときの
  後ろの足をボールで終わる基礎も
  例えば、ニューヨークを
  踊るときにも良い効果があります。

 

■チャチャチャの基礎の部分

 ・軽快でやや速いテンポを
  気持ちよく踊るためには、
  ルンバ調ではなく

 ・カウント1, 3の強調の
  基礎力の習得と同時に

 ・2,3、チャ、チャ、1を
  S、S、Q、Q、S の
  感覚を身につけることも大事です。

 

■モダン(スタンダード)の基礎の部分

 ・脚部の伸びではなく、
  ノーフットライズ的な
  基礎力をつけるといい感じになります。

 ・上下運動よりも
  ボディーのストレッチ感の
  強弱というか、、、
  ボディーのストレッチの
  基礎力が大事です。

 ・外回りでの
  シューズの裏の回転
  (床とシューズの滑り)の
  基礎練習も大事です。
   →ラテンにも大事

 

安心して「音楽と踊り」を楽しめるのが好き

ヒロスダンススタジオの社交ダンスレッスンでは
 基礎に関しては
 ややマニアックになることが大事
 だと思っています。

カップルの位置や
カウントやタイミングが
そもそも正しくないと踊れないような
ステップを踊ることは
やや少なめが良いと思っています。

 それでも
どうしても、継続したレッスンだと
・新しいルーティン(新しいステップの組み合わせ)より
 新しいステップを加えたくなります。。。

 

 音楽とダンスを楽しく、安心して
もっともっと音楽にのって
踊りの表現、格好良さと気持ちよさで
社交ダンスを踊ってもらえるように
コツやその方法をお伝えしていきたいと思います。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

*****************************************
ヒロスダンススタジオ 
 
◇主に社交ダンス教室です
         日曜日も社交ダンスレッスンしています
 
◇貸しスタジオとして借りられます:先生向け 
    ★ダンス、楽器などのレッスン会場としてご利用ください
 
 
◇貸しスタジオとして借りられます:お友達・個人の練習向け
  楽器、音楽、ダンス、余興の練習など
    ★練習場所としてご利用ください
 
 
静岡市清水区村松699-1
『ネットでみました』でお話ください。
   メールもお待ちしております。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました