社交ダンス上達のコツ 相手のことを考えること

上達のコツ相手のことを考えること 社交ダンス

相手のことを考えることを再確認して

2人で踊る社交ダンス。

直接組んでおどっているから
相手のことを考えて
自分が動くことが重要です。

 

日常生活や
ビジネスでは

自分さえしっかりやっていれば
文句言われない。

というように考えてしまう方も
ちらほら居ます。
 嫌ですね。。。。

 

社交ダンスは、厳しいから
自分さえしっかりやっていればいい

という思考のクセは通用しません!

 

楽しく踊るにせよ
上達を目指すにせよ

常に相手のことを考えて
動くことが大事です。

 批判や嫌な言葉が多い
世の中ですが、

◆相手のことを考える

ということを
再確認していきたいですね。

 

 

相手のことを考えるということ

相手と自分とは違いばかり

差という考え方ではないです。
違いです。

 

性別やいろいろと世間では
差=差別
違い=差別

というやっかいない思考のクセ
の発言も多いですが、

違い=違い

というところで
お互いに承認しあえる
平和で、やさしい世間になるといいと思います。

 

話を戻します。

 

相手のことを考えるということは
とても幅が広いです。

相手と自分の違いを
まずは、知ることがスタート地点です。

 

違いとして、たとえば

テクニック
体力
身長や体格

経験年数や知識

昨日と今日の動きの違い

前回と今回の機嫌の違い

など、違いがあるな~と
知ることです。

 

社交ダンスを楽しく上手に
踊るとき

上手な方も
経験が浅い方も

お互いに相手のことを
考えて踊ることが大事です。

 

相手に興味を持ち
相手に優しく

自分を必要以上にへりくだることなく

相手と自分の違いがある中で
相手のことを考えて
社交ダンスを踊ってもらえるといいと思います。

 

社交ダンスで
相手のことを考えるという
思考のクセをしっかりと身につけて

 

日常生活でも
ビジネスでも

社交ダンスから学んだ

◆人のことを考える

という思考のクセで
生きていけるといいと思います。

 

 そのためにも
自分の力量
自分の心のあり方
自分の自信と謙虚さのレベルも

上手に向上していけると良いと思います。

 

今日は、社交ダンスから学んだ

ヒロス流考え方

相手のことを考えることが上達のコツ

 

という話でした。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました