社交ダンスを小さく弱くゆっくり踊って気づく

社交ダンスを元気に大きく踊るコツ ヒロス流 社交ダンス

適切に社交ダンスを踊るために上手に力を抜く

社交ダンスでもゴルフでも
他の趣味でも

☑ちょうどよい力かげんを発見することが大事です

 

 レッスン中や本番や人に見られるような状況のとき
✔余分な力が入りがちです

 緊張していなくても

新しいステップを覚える時や
入門レベルや初心者レベルの場合は

✔力を抜かなければならない部位に
 力が入ってしまうことが多いです

 

遊び感覚、練習感覚で小さく弱くゆっくり踊ってヒントを探る

「変な踊り方をしてみましょう」

「踊った気がしない程度に
 力を抜いて、小さく弱く踊ってみましょう」

そんなレッスンを時々取り入れています。

 そんなレッスンの時は
いつもより音楽の店舗を落として
種目にもよりますが
マイナス15%程度のテンポ(スピード)で
音楽を流したりしています。

 

弱く小さく、ゆっくり踊ることのメリット

こんなにも余分な力が入っていたんだ。

と気づくポイントが見つかると思います。

特に、

✔カウントとの「スローの部分」を
 正しく踊らず
 慌てて踊っていることで
 バランスが崩れ、不必要な力を
 使っていることに気づきやすいと思います。

 

✔足を揃える部分で体重が反対の
 脚に移動せず、
 両足体重になってしまっていたり
 する部分に気づけたりすると思います。

 

✔呼吸を止めて、勢い、力まかせで
 その場のステップを通過していたことに
 気づけたりすると思います。

 

大きく元気に社交ダンスを踊るコツにつながります

社交ダンスを切れよく、大きく、力強く踊りたい

そのために、

今回ご紹介した、小さく弱くゆっくり踊る練習が
役に立ちます。

☑切れよく踊るためには
 その動作の前には脱力が必要です。

 手についた水を振り払う原理と同じです。

 

☑多く踊るためには
 内回りの役割が大事です。

 内回りの人の小さくゆっくりの動作が
 相手の動きを大きくするからです。

 

☑力強く元気に踊るためには
 床にぎゅ~と体重を乗せる
 ”タメ”が大事です。

 膝や足首が曲がる時間と
 タイミングをつくることで
 力強いステップが踏み出せるからです。

 

次回の練習
次回のレッスンのとき

✔小さく弱くゆっくり踊る
✔しっかり元気に踊る

を1曲ずつ繰り返して踊って見る実験を
してみてはいかがでしょうか。

 

 ヒロス流社交ダンス上達のコツの話でした。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

*****************************************
ヒロスダンススタジオ 
 
◇主に社交ダンス教室です
         日曜日も社交ダンスレッスンしています
 
◇貸しスタジオとして借りられます:先生向け 
    ★ダンス、楽器などのレッスン会場としてご利用ください
 
 
◇貸しスタジオとして借りられます:お友達・個人の練習向け
  楽器、音楽、ダンス、余興の練習など
    ★練習場所としてご利用ください
 
 
静岡市清水区村松699-1
『ネットでみました』でお話ください。
   メールもお待ちしております。
 
 
■社交ダンスを通じてSDGsに取組んでいます。
 
 社交ダンスの魅力と力で 
   ひとりじゃない、
   いつまでも動ける身体でいよう 
 健康長寿を伸ばそう
 
 がテーマです。
関連記事は、こちらをクリックしてください。
※健康寿命、健康長寿のためにも社交ダンス!
*******************************************
 
▶ツイッター:レッスン内容や、社交ダンスのコツ
 
▶インスタグラム
 
▶フェイスブック
 
▶ユーチューブ :スタジオの様子も見れます。
 
 
旧ブログサイト
 

♢社交ダンスレッスン ♢ 貸しスタジオ ♢ レンタススタジオ
♢ 各種ダンスインストラクター向けスタジオレンタル
♢ 短時間エクササイズ ダイエットエンド

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました