打ち合わせなしルーティンなしで踊る社交ダンス

自由に踊る社交ダンス 社交ダンス

リード、フォローに頼って社交ダンスを踊る

決まったステップの順番
ルーティンで踊るのではなく

自由なステップで
社交ダンスを踊れると
楽しさと充実感で
気持ち良いです。

 

■リードだけで相手に
次のステップを伝えられるかな~
という不安

■リードに合わせて
上手にフォローして踊れるかな~
という不安

 

そんな不安をちょっとだけ
抱えながら踊る自由なダンスタイムを
スムーズに踊りきったとき
満足感に満たされ
自然と笑顔がこぼれますね。

 

決まった順場がない踊りも踊り慣れておくことは大事

グループレッスンでも
競技会用のレッスンでも
発表会のレッスンでも

決まったステップの順番
ルーティンで踊る場面が多いです。

 

一つひとつのステップの
・完成度を高めたいという気持ち
・リードのコツを知りたい
・フォローのコツを知りたい

という時間も多いです。

 

もっと多い時間が
◆ルーティン(事前に決めたステップの順番)を
 覚えたい

ということに対する時間がとても多いと思います。

 

だから

自由に踊る、事前に決めないステップで
踊れるようにするためのレッスンを
意識的、計画的に時間をとることが大事だと思います。

 

ルーティンがあるメリット

ルーティンがあれば
・迷いなく大きく動ける
・不安なく踊っていられる
など楽に踊れたり、
安心して踊れうるというメリットが
たくさんあります。

 

ついついルーティンに関する
練習時間、レッスン時間が
多くなってしまいがちですが

フリー自由に踊ることに
日頃から時間を使うと良いと思います。

 

より実践的
普通の方がイメージしている
相手のリードと
相手のフォローで踊る
ダンスタイム的な練習や
そのコツを会得するレッスンの
時間を増やしていくことをおすすめします。

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました