小さなことをやる社交ダンス上達のコツ

小さなことをたくさんやる社交ダンスレッスン 社交ダンス

修正やチャレンジは小さなことから実行がコツ

・社交ダンスのレッスンでも

・いつもの相手との練習でも

☑小さなことから少しずつ実行してもらうこと

が大事だと思います。

 

一つのことを分解して小さくやってもらう

社交ダンスでは
「姿勢を良くして躍って~」

という言葉をよく聞くと思います。
これでは、

◆お願いが大きすぎます。

だから、
その指導やお願いが相手に
上手に伝わらないと思います。

 

では、どうしたらいいのか。。。。

ヒロス流社交ダンスレッスンのコツ
としては、

姿勢良く躍ってもらいたい時には
小さな依頼(レッスン)を少しずつ
を心がけています。
例えば、

■足の指をギュッとして躍ってみてください。

■肩甲骨を寄せてみてください。

■左のヒジをツンッ!としてみてください。

■あごの下の空間をつくってみて

■肩から首、頭の部分の筋を意識して

■視線を意識して

■膝を少し緩めてみて

■足首をまげてみてください

などなど

姿勢を良くするために
小さなことを1つづつ意識して
躍ってもらうようにしています。

その結果、

姿勢が徐々に良くなっていく
ようにレッスンしています。

 

小さなことをたくさん実行

社交ダンスの踊りの中でも

まずは、小さなことを
お互いに相手にしてあげることで

相手に対しての

・貢献意欲
・役割意識

が身につくと思います。

社交ダンスでは
相手に対して優しく丁寧に
接する思考のクセが身につくと思います。

 

大きなことではないかな?
もっと小さくできないかな?

って気づけると
いいと思います。

 

社交ダンスでも
日常生活でも
ビジネスでも

小さなことをちょくちょく
自ら実行していきましょう。

 

その積み重ねで
社交ダンスも上手になり
人間関係も
良い状況になるといいと思います。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました