ラテンダンス上達方法【ボトルネックを見つけること】 

社交ダンス上達のコツ ボトルネックをみつける 社交ダンス

社交ダンス上達のコツ ボトルネックをみつける

今日のブログは、

恥ずかしいの向こう側が 成長のコツ

という話します。

 

◆上手じゃないから恥ずかしい

◆誰かが見ているから恥ずかしい

 

ダンスをする時に、

 

恥ずかしいって感じていると
楽しくないし、
挑戦する勇気も弱まる
すてきな笑顔がなくなります

 

だから、

 

・その気になって踊る

・根拠のない自信で踊る

・自分を信じ切って踊る

・上手な人のマネ(雰囲気)で踊る

 

ことを”わざわざ意識すること”です。

 

直したいところ、うまくなりたいポイントを
書き出して仮に10個も20個も出てきてしまったら、

その中の優先順位の高い準備に対応していくか、

それ問題の根本的な原因【ボトルネック】を
見つけてそれを解決してしまえば、
問題3個、5個がまとまって解決できることが
多いと思います。

 

無意識とか考えない状態では、
ダメで、わざわざ
解決策を意識すること。

 

問題なのは、
意識すること自体を
◆忘れてしまうことです

 

☑恥ずかしいということが、
割と多くの方のボトルネックであると思います。

 

そのボトルネックをどうにかしてなくすことで
もっともっと社交ダンスが楽しくなり、
上達すると思います。

 

多くの方にとっての

ボトルネックの

【恥ずかしいと思うこと】

これを取り除くと、一気に踊りのキレと

踊りの場の活動範囲も広がると思います。

 

 ボトルネックは、何なのか?

社交ダンスの上達だけでなく、

いろいろな場面でも、
ボトルネックを見つけて、それを解決することで、
多くの問題が一気に解決できることがあると思います。

 

 英会話とかも、もしかしたら、
ボトルネックが「恥ずかしい」だったりする方も
多いかもしれませんね。

 

 とにかく、
今年のヒロスダンススタジオのテーマの一つ

 「社交ダンスは、遊び」

ということで、

技術力アップだけでなく、

そもそも楽しむを意識して
ヒロスダンススタジオをご利用いただけるとうれしいです。

 

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

ボトルネックが見つかると多く問題が
一気に解決することがあるという、話でした。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました