何度も失敗することでコツを見つける

失敗からコツを学ぶヒロス流考え方 メンター

コツを見つける前にはたくさんの失敗がある

上手に踊れない
うまくできない

失敗ばかりでイヤになっちゃう

そして
すこしあきらめの気持ちが出てしまう。

 

この流れは良くないです。

 

社交ダンスでも
ビジネスでも

◆新しいコツとやり方を見つけるためには失敗が必要

 そんなもんだ!

って決めておくといいと思います。

 

失敗したときのヒロス流とらえ方

1:2:7

反省が1

後悔が2

分析が7

 

反省や後悔は、どうしても
湧き出てきてきます。

そのステージで思考が止まってしまうことが
もったいないことです。

 

だから

◆改善や進歩には失敗が必要

 そんなもんだ!

って思うことです。

 

だから

反省と後悔で3割エネルギーを消耗したら

7割の部分に目を向けエネルギーをかけるという
思考のクセをつけましょう。

失敗やミスの
・事実の把握
・そこから発見できることを探す
・そこから得られた教訓を文字にする
・この先、こうする!という宣言をする

 

そんなことの繰り返しで

失敗の中から、この先うまくできるコツが
見つかりやすくなると思います。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました