自信のつけかた

ヒロス流考え方 自信のつけ方 ヒロス流考え方

ヒロス流考え方 自信のつけ方

ヒロス流

社交ダンスから学んだ

自信のつけ方

☑やることを分解して少しずつ達成していく

☑他人の評価をきにしすぎないで

 自分自信で批判も称賛もする

 

ヒロス流自信とは、

◆自分を信じる力を高めること

◆自分自身の評価を高めること

 

 

社交ダンスのステップは、動作の流れで

覚えることが多いと思います。

 

だから、6歩ぐらいのステップを

一つの塊にして覚えようとしがち。。。

 

 でも6歩ぐらいだと、

相手もいることなので大変。

いくらシャドー(1人だけの踊り)でも

6歩は覚えにくく、多すぎますね。

 

一つのステップの塊が多いとなかなか

新しいステップを覚えられないから、

【自信がない」という情動に襲われます。

 

だから、もっと少ないステップ

小さな小さな1歩から学ぶことが

大切だと思います。

 

6歩の内の1歩。

その1歩出すときだけでも

・足の位置

・足の着き方

・その脚の付け根の回転

・顔の向き

・ボディーの出す方向

 

など、たった1歩でも

気にすることが多いです。

それを6歩まとめてそれなりには、

難しいことが多いと思います。

 

たったの1歩から覚えることで、

☑コツが分かる

☑真似できる

☑できるようになる

ということが早くできます。

 

6歩程度の難しいステップですが、

初めの一歩、そして次の1歩と

「そのたった1歩」で、

少しずつできるようにして、

少しずつ自信をもって覚えていきましょう。

 

小さな1歩の達成の繰り返し

小さな自信をたくさんつけていきましょう。

小さな1歩ずつの小さな達成感と成功で

自分にはできるという自信がつきます。

 

 もう一つは、

他人からの評価を得るための努力をしないこと

自信がなくなることが多いです。

他人の評価は、ムラがありすぎます。。。

 

だから、自分自身で、自己評価をして、

自分自身に対して批判と称賛をたくさんして、

成長と自信を身に着けましょう。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました