考え方のコツ 注意と判断2つのポイントを分ける

注意と判断を分けて考える ヒロス流考え方

注意するポイントと判断するポイントという2つのポイントの違い

社交ダンスを踊るときに

◆注意するポイント

◆判断するポイント

という2つのポイントを知っておくことです。

注意することと判断することは
別だということです。

 

 

◆注意するポイントとは

 踊り方に関することが
多いです。

 

◆判断するポイントとは

 リードとフォローつまり
 ステップの順番に関することが
 多いです。

 

注意するポイントは練習で鍛える

1曲の中で注意して踊ることは
1つか2つの項目だけに絞ることです。

3つも4つもだと
踊りだしてすぐに
注意することを忘れてしまうからです。

 

注意することの多くは
自分で練習できます。

だから

音楽を流さず
または、相手と組まず

反復練習することで
身体にその動きを覚えさせるといいです。

そうして
無意識でも注意しなくても
その動きができるようにすることが
最終目的です。

 

 時間の都合や反復練習が
あまりできなかったことだけを
注意するポイントにして
社交ダンスを踊ると良いと思います。

 

判断するポイントは迷わない即決力をつける

例えば、ルンバの
ホッキースティックやアレマーナの
リードとフォローの時、

迷わず即決は、女性の判断で良いと思います。

どっち?って感じたら
どんどんフォローする側(女性)が
どんどん決めて踊ってしまうと良いと思います。

そうしたら、男性は、リードの反省。。。と
テクニック不足だと思って
女性のステップにすぐに合わせてくれるはずです。

 

◆リードに関する判断のポイントで迷ったら
 女性主導でどんどん決めて踊ることをルールに
 しておくと良いです。

 男性に原因があることが多いからです。

男性もすぐに、あれ?伝わらなかった。。。
との判断で女性に合わせましょう

 

◆進行方向で迷ったら
 男性主導でどんどん決めて踊ることをルールに
 しておくと良いと思います。

他のカップルを避けたり
コーナーでの進行方向
回転量の大小で迷ったら
どんどん男性が判断、即決して動くことが良いと思います。

 

 

社交ダンスの注意することと判断することは分ける

社交ダンスを踊る時
あれもこれも注意することばかりと思うと良くないです。

注意することだけでなく
判断することもある

と知っておくことで気持ちを楽にして踊れる時間が増えると思います。

 

社交ダンスでも
日常生活でも
ビジネスでも

注意することと判断することを
ごちゃごちゃに混ぜないことで
頭の混乱が減ると思います。

 

 注意してできること
 判断してできること

という2つの種類の目で
目の前の状況に対応できると良いと思います。

 

◆注意するポイントは
 練習で減らせる

◆判断するポイントは
 どちかが主導権を握って判断する

 

という2つのことを意識してみてください。

 

ヒロス流考え方でした。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました