考えて選んだことをやることが幸せ

幸せを感じるためのコツ ヒロス流 ヒロス流考え方

自分で選んだことをやっているから幸せを感じる

ヒロス流幸せの定義については
これまでのブログでも
何度か書きました。 
(*その記事のひとつはこちら

 

■セロトニン
■オキシトシン
■ドーパミン

この3つの幸せホルモンが分泌される状態に
自分をもっていくこと。

これが幸せを感じる定義だと
思っています。

 

ホルモン分泌の前の行動が大事

 幸せホルモンの分泌には
環境や行動が必要です。

 その一つが、

☑自分が選んだ好きなことをやる

だと思います。

 

ウォーキングだったり、ヨガだったり
音楽鑑賞やゲームだったり

自分で選んだ自分の好きなことを
していることで幸せを感られると思います。

 

幸せを感じるために考えると選ぶという努力が必要

 ヒロスダンススタジオでの社交ダンスレッスンを
ご利用いただいている方は、

社交ダンスが好きで
社交ダンスを踊ることを

✔いろいろある娯楽の中から
 考えて選んで社交ダンスを踊ってくれている

そう思っています。

 

しかたなく、、、社交ダンスではなく

何ができるかな?

何が楽しいかな?

何が続くかな?

何に挑戦してみようかな?

何が老後の自分のために役立つかな?

など
いろいろと考えて
もしかしたら、悩んで選んで決めたこと
として社交ダンスを踊ってくれていると思います。

 

☑自分で考えて選びぬいた社交ダンスだから
 レッスン中、レッスン後に
 充実した気持ち、幸せを感じてもらっている

と思います。

 

 寒い日、暑い日
曜日を気にしたり
その日のレッスン時間を気にしたり

そんな努力の上で
社交ダンスからの幸せを獲得して
いただいていると思います。

 

社交ダンスを教えていることも幸せ

社交ダンスのレッスンで
たっぷりと踊った後や
たくさん学んだ後の

生徒さん(お客様)の
姿を見るのがとてもやりがいを感じています。

 

✔社交ダンスをレッスンしたいと
 選んだことをやっているので
 この幸せを得られていると思います。

 

 多くの場面でレッスンをしていることを
幸せにかんじているのですが、

 

幸せだけでなく
私たちヒロスとミスズは
不安というか心配を
感じてしまうときもあります。

 

 レッスン後に、

「今日のレッスン、大丈夫でしたか?」

「何か希望あったら言ってくださいね」

という、私たち自身にフワ~っと
不安気持ちが湧き出ることもあります。

 

 生徒さんの体調や気分を
しっかりと把握できなかったり

レッスン内容が迷走したり、、、、

 

レッスン後の
自分たち教える側の
反省や不安が、次のレッスンの改善に
つながっていると思っています。

「こうしたら良いかな?」

「今度はこうやってみようかな?」

と、

考えた中から選んで

レッスン後に
生徒さん(お客様)と一緒に
私たち(ヒロスとミスズ)も
幸せな気持ちになれるようにしていきたいと思います。

 

このコロナ禍においても

多くの方が、

考えて、選んで、行動して

幸せを感じられる時間が

少しでも増えるといいと思います。

 

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

*****************************************
ヒロスダンススタジオ 
 
◇主に社交ダンス教室です
         日曜日も社交ダンスレッスンしています
 
◇貸しスタジオとして借りられます:先生向け 
    ★ダンス、楽器などのレッスン会場としてご利用ください
 
 
◇貸しスタジオとして借りられます:お友達・個人の練習向け
  楽器、音楽、ダンス、余興の練習など
    ★練習場所としてご利用ください
 
 
静岡市清水区村松699-1
『ネットでみました』でお話ください。
   メールもお待ちしております。
 
 
■社交ダンスを通じてSDGsに取組んでいます。
 
 社交ダンスの魅力と力で 
   ひとりじゃない、
   いつまでも動ける身体でいよう 
 健康長寿を伸ばそう
 
 がテーマです。
関連記事は、こちらをクリックしてください。
※健康寿命、健康長寿のためにも社交ダンス!
*******************************************

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました