社交ダンスから学ぶ会話術

社交ダンス 会話術 ヒロス流考え方

会話術 社交ダンス

こんにちは。ヒロスです。

【社交ダンスから学ぶ】
ヒロス流会話のコツ!

よいコミュニケーションは、
会話術を学ぶことです

 *会話術
  = 相手に合わせた話し方・聞き方

社交ダンスを学べば
上手は会話術って、
「こういう感じか~」ってわかります。

 

社交ダンスは、色々な方と踊ります。
 相手が押してくる強さ、
 引く強さ、
 身長、年齢、体力、技量など

 相手に合わせてダンスします。

 

☑ いろいろ相手に合わせる配慮のコツは、
  会話術でも使えます。

☑ 踊る相手、話す相手合わせて、
  あなたの持っている力・技術を
  調整すること。

 

☑ 同じ相手でも、その日その日で
  違います。
  常にあなたが変化して対応することです。

 

 会社でのコミュニケーションが
苦手。。。

 

もし、あなたが
コミュニケーション、会話が
苦手っだったら、

 

【提案1】

  ダメキャラ
 ・怒りキャラ
 ・けなしキャラ
 ・揚げ足キャラ

   は、すぐにヤメましょう。

 
 会話だとその悪さがわかりにくいですが、
社交ダンスでその3つのダメキャラをだしたら、
全く踊れなくなります。

 会話だと、触りもせず目に見える影響が
わかりにくいですが、
 社交ダンスだと、その悪さの影響が
すぐに体感できます。

 

【提案2】

 あなたの身近な人の会話を
常に大切に、上手な会話をしましょう。

 パートナーや家族とできずに、
実践の場である会社や街中でやれる訳ないです。

 

【提案3】

 社交ダンスで体感できる相手に合わせた
自分の出し方で

 会話術やコミュニケーションの
コツを学べます。

 社交ダンスは、相手に合わせて踊る
 会話も同じです。

 

 社交ダンスをお休みしている方、

これからやってみようと思っている方

 

お友達やご家族の付き添いありでもOK

 

ヒロスダンススタジオの
無料体験社交ダンスレッスンの

予約をお待ちしております。
 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました