短時間で上達するコツ 【自分をなくす】

ダンス 上達方法 ヒロス流考え方

社交ダンス 上達方法

社交ダンス上達のコツ 

自分を忘れるって言うことが重要

ということを話します。

 

つまり、

・頭の中のイメージ
・考え方
・話す内容は、全て、

自分ではなく
・見本として見たもの、
・コーチから教えてもらったこと、
・他者から学んだこと
で頭の中を満たすということです。

 

■自分の考えたことを話す
■自分の考え方で踊る

自分を出すことは、基本良いのですが、
良くないこともあるので
注意しましょうという話になります。

 

自分の踊りをもっと良くしたい
上手になりたいと思っている時、

上手な人の踊りをイメージしていますか?

それとも、
”自分は”こうなっちゃってるな~って
思いながら確認しながら踊っていますか?

 この状態が【自分が残っている状態】です。
この状態ではなく、自分をなくす。。。
自分が出てこない状態が上達のコツということ。

つまり、

頭の中を完全に
見本の踊りのイメージだけにする!

★★その時、自分という意識が消えます

 

何かひとり言を話す時も、
”自分”の言葉、”自分”の考えではなく、
コーチからの指導内容の言葉、
本から学んが言葉で
ひとり言を話すということです。

 

自分のイメージ、自分の考え、自分の言葉は、
・幼稚で見本にならない、
・自分の経験と感だけの低レベルな言葉
として一旦自分に言い聞かせましょう。

 

そうすることで、
①コーチ、先生、本から学んだことだけに
 集中できます。

②自分以外の情報、言葉を疑わなくなった時、

 最短で上達できます。

 

繰り返しますが、

自分の言葉や自分の考えを常にしっかりと持つ
ということを、一旦横に置いておいて、

自分をなくした時、
周りの言葉、自分以外からの情報が

☑頭の奥底まで浸透し、
☑人を疑わずやってみる気持ちになり、
☑そのとおりやってみようとノリよくなり
☑ちょっとアレンジして自分流に加工するのはやめとこう

 

という感じになります。

 

この状態、
自分をなくした一時的な状態の時

 

一気に上達する瞬間を
体験できると思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました