相手を褒めると自分も気分よくなる

褒め方と感謝のコツ ヒロス流考え方

褒め方と感謝のコツ

今回のブログは、
ヒロス流
 社交ダンスから学ぶ考え方です。

ほめるポイント   と
感謝するポイント について

話します。

 

人を褒めるといいことだらけ。
・人のいいところを発見できた喜び
・相手に喜んでもらえる
・人間関係がよくなる
・人を褒めた後、自分の気分がよくなる
・褒めている自分を周りが褒めてくれる

 

褒める(ほめる)ポイントが
わからないということを聞きますが
そんなコトないです。

 

他人も(実は、自分自身のことも)ほめる所は、
たくさんあります。

 

毎日褒めたい、毎回褒めたい。
だけど、ポイントを間違えると
 たま~にしか人を
ほめることができません。

 

つまり、
競技会の結果や上達成果を褒めるとしたら、
 たま~に なってしまいます。

 

重要なことは、

毎日、毎回、感謝したり褒めたりできるポイントを
見ることですね。

 

 

ヒロス流ですので、
軽い気持ちでお読みくださいね。

 

5段階で説明します。

 

ほめること・感謝すること
が苦手な方は、
1や2を優先してください。

 

1に近づく程、毎日、毎回ほめたり、
  感謝できることになります。

5に近づくほど、たま~にになって、
  たくさん感謝できなかったり褒められなくなります。

 

社交ダンスを例にして話します。
それぞれあなたの状況に合わせて
変えてみてくださいね。

 

【褒め方の5段階】
1.スタジオ(会社など)にきてくれてすごいですね。
2.うまくなろうという向上心をもっていることがすごいですね。
3.頑張って練習していることがすごいですね。
4.うまくなろうという意識が、すごいですね。
5.上達して結果がでて、すごいですね。

 

【感謝の5段階】
1.スタジオにきてくれてありがとう。
2.予約を入れようとしてくれてありがとう。
3.予約の電話、メールをくれてありがとう。
4.ヒロスダンススタジオを選んでくれてありがとう。
5.社交ダンス始めようとしてくれありがとう。

 成果、結果を見すぎると 褒めることが
たま~に、になってしまします。

 

毎日感謝、毎日褒めることができるポイントを
意識していきましょう。

 

 感謝、褒める 回数が必要です。
たまーにで価値を上げるもいいですが、
やっぱり回数にはかないません。

 

ヒロスダンススタジオでは、
この5段階で 感謝、褒めるをやっています。

 

 社交ダンスからは、ダンス以外のことも
いろいろと学べます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました