相手の良いところに先に目が行く思考のクセ

思考のクセの整え方 ヒロス流考え方 ヒロス流考え方

思考のクセの整え方 ヒロス流考え方

思考のクセの整え方

社交ダンスから学んだ
ヒロス流考え方シリーズです。

 

 初めに目が行くところは、
どこか?あなたの思考のクセは??

 

相手の良い所、自分が真似したい所

初めに目が行くという
・思考のクセ
・意識のクセ

  をつけることが大切です。

 

 相手を尊敬、相手から真似ること
もっとわかりやすく言うと

相手より自分が劣っている部分を
謙虚にまず考える思考のクセを
つけること。

 

これが、どんどん、しかも

圧倒的にあなたが成長するための
一つのテクニックです。

 

 ダメなことは、

相手の欠点、劣っている所に
まず、目が行って、
・相手を批判的にみるクセ

・相手を評価するクセ

・相手と比べて、自分の優位性を
見つけて、優越感で満足するクセ

 

このダメな思考のクセは、
あなたを一切成長させません。

 

 あなたが成長したくて、 りっぱな人間を永遠に目指すなら

社交ダンスの相手
日常生活の相手
ビジネスの相手

などと尊敬しあえる高いステージの
人間関係を目指しましょう。

 

相手の言動を見た時、

☑良いところが目につく思考のクセ

☑相手の真似したい所を見つけるクセ

☑相手より自分が劣っている部分を 認識するクセ

 

という思考のクセをまずは、意識しましょう。

 

最終目標は、

無意識的つまり、思考のクセとして、

まずは、相手の尊敬できる部分に

先に目が行くような思考のクセが

身についたら、いいと思います。

 

ヒロス流考え方でした。

 

今回も読んでいただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました