正しさも大事ですが決め手は【タイミングと同調】

最後の決めてはタイミングと同調シンクロ

社交ダンスを踊っていて
ときどき感じることが、

✔正しいのに踊りずらい。。。ということ

 

正しいリード、正しいフォロー

正しいステップ、正しい回転量

正しいカウント、正しい顔の向き

正しくても上手くいかない。。。
なぜなんだろう~って、、、、

 

その理由は、タイミングです。

 

✔正しさよりもタイミングが大事

ということです。

 

社交ダンスは、2人で踊るので、
新しいステップを覚える時、

まずは、
・一人で(シャドー)で踊る

その次に、
・2人で組んで踊る

という順番で練習していきます。

 

2人それぞれの動きが正しくても、

✔動き出しのタイミング

✔圧力(テンション)のタイミング

が、合わないギクシャクしてしまいます。。。

 

カウントも、動きも正しくできていても

実際に2人で踊る場合には、

改めて、「タイミングと同調」の練習が必要

ということです。

 

2人で踊るから、
タイミングと同調(調和) ぴったりと合った時

とても気持ち良い感覚になれます。

 

特に

◆速い動き、細かい動きで2人揃った時

◆回転系の動きの中、一人では動けないバランスになった時

社交ダンスの気持ちよさを感じられると思います。

 

お互い一人ひとりが、
◆正しく踊れる

◆正しいカウントで踊れる

 

という状態が準備できたら、

2人で一緒に踊るためのスタート地点に立った状態になります。

 

そこからいよいよ、2人で踊る社交ダンスの練習開始です!!!!

✔2人のタイミング、2人の同調

の大事さを感じながら、練習を重ねましょう。

 

 日常生活でも、
正しいことを言っても

タイミングと相手の気持ちとの共感がないと

相手にとって嫌味に聞こえたりします。

 

ビジネスでも
正しいことをやっても

タイミングと世間の流れとの同調感がないと

上手くいかなかったりします。

 

正しさで=自分だけがしっかりとやればいい

のではなく

 

タイミングと同調が大事

だと考えていきましょう。

 

社交ダンスから学んだ

ヒロス流考え方でした。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください