挑戦して失敗してメンタルを鍛える

新しい挑戦を三日坊主にしない方法

社交ダンスで学んだ

日常生活でも
ビジネスでも

新しいことに取り組むときのコツについての
話になります。

 

社交ダンスで、新しいステップを
身につけようとする時でも

その他のスポーツなど、

新しいことに挑戦するときは、

思っている以上に長い期間

✔上手くいかないことと失敗がが続く

まず、このことを
初めに意識しておくことが大事です。

 

 

新しいことに挑戦するときは、

・失敗するもんだ!

ということで、失敗しても続けて練習すること。

そして、ここからが重要なコツ

 

✔何度も失敗しても
 ■諦めず続ける思考のクセが身につく
 ■失敗でメンタルを鍛えられる

 

新しいことに挑戦して
失敗80%、偶然うまくできる20%
という状態を普通に受け入れること

 

もし、練習していて
失敗40%、うまくいく部分60% を
目指そうと思うなら、

それは、厳しい言葉でお伝えするとしたら、

新しいことに挑戦する!ということを『ナメている!』

 

ということです。
そもそも挑戦するレベルのことに取り組んでいないかもしれません。

 

社交ダンスで例えるなら、

新しいステップを身につけようとするときは、

1.今の力量で50%50%程度のことに挑戦する

2.初めは、いつも失敗すると分かって練習する

3.思っている以上に上手くいかないが、
  挑戦している証拠って思うこと

4.失敗を何度もして、メンタルを強くする。

5.じょじょに新しいことができるようになる。

 

社交ダンスをやっている人は、

まずは、社交ダンスで、たくさんの失敗をして
挑戦すれば、失敗も多い、
失敗してもそんなもんだ!!って思って、

✔挑戦を思っている以上に継続する

 

この挑戦する流れを

社交ダンスで学んで、

日常生活や、ビジネスでも
取り入れてもらえたら嬉しいです。

 

■挑戦する:機嫌よく、ノリよく始める

■失敗する:メンタルを鍛える修行

■継続:あきらめない思考のクセ

 という流れを
社交ダンスやその他の趣味で身に着けて、

日常生活やビジネスでも利用していきましょう。

 

 以上

社交ダンスから学んだ

ヒロス流考え方でした。

 

2020年もノリよく新しいことに挑戦していきます。

また、ためになるヒントが見つかったら、
ブログや、Twitterに書きます。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください