小さなテクニックと小さなっこだわりが美しい

社交ダンスと人間関係のコツ小さく弱い言動 ヒロス流考え方

上級者やプロの小さなテクニックが美しい部分

ちょっとしたリード
ちょっとしたフォロー

ちょっとした気遣い
ちょっとしたタイミングでの
ちょっとした言葉など

小さなことが相手の踊りも
踊りの見た目もよくなり
相手の気分を良くなることが多いです。

 

社交ダンスでも
日常生活でも
ビジネスでも

小さな配慮、小さなテクニック、小さなこだわりが
相手の気分を明るくして、相手の気分をよくすることで
自分の気持ちも良くなります。

 

大きなこと、目立つこと
みんなに共有されていること

そういった大きなことではなく

ちょっとした小さな配慮や言葉の方を
美しく感じられることが多いように思います。

 

ちょっとした一声
ちょっとしたプレゼント
ちょっとした行動は

大きなことよりも
相手の印象に残ったりもします。

 

小さくても思っている以上に効果が出る理由

そんなに細かいところまで気遣ってくれるなんてうれしい!

そんな喜びと感謝。
社交ダンスのカップルどうしだけでなく
人間関係の情緒を交わす中では大切なことです。

小さいことに気づき、小さなことが出来ている人は
きっと大きなことならなおさら出来ているはずという
印象を持ってもらえると思います。

 

社交ダンスでリードするときにも
ちょっとした小さな動きが相手に不安を与えないことにつながります。

社交ダンスの場合
その小さな動作や小さなテクニックの多くが
上級者やプロと踊ると踊りやすい。というポイントだと思います。

 

大きなこと、一般的なルールやエチケット
だれもが知っていてだれもがやっている動作は
当然のように受け取られることがあるなか

ちょっとした男性のいいリード
ちょっとした女性のいいフォローが

社交ダンスの自分たちの踊りも良くして
見た目も良くしてくれます。

 

社交ダンスでも
日常生活でも
ビジネスでも

小さな言動、小さな理由と小さな配慮の裏には
大量の知識と高度なテクニックをもっていることが必要なことが多いです。

 

社交ダンスでも
小さな歩幅、小さな動き、弱い力と弱い動きを
しっかりと踊れるためには、知識と経験と基礎的なテクニックが必要です。

意外かもしれませんが
社交ダンスの場合
・小さく踊る部分を、より小さく、踊ること
・弱く踊る部分を、より弱る踊ることは
とてもむずかしいことが多いです。

 

それと同じように

小さな配慮、小さなちょっとした言葉
という無くてもいいかな?って思うほど
小さな言動が思っていいる以上に周りの人の気持ちを良くするように思います。

 

小さな配慮と小さな言動は大切

相手と周りの状況をしっかりと観察したうえで
しっかりとしたテクニックとしっかりとした相手を思う意識が
大切です。

大きく、強く、目立ったり
はっきりとした言動ばかりではなく

ちょっとしたこと、小さなことにも気を配れるそんな意識が
社交ダンスの踊りでも
日常生活やビジネスでの人間関係をスムーズにしてくれることが多いと思います。

 

小さく弱くちょっとしたテクニックは
むずかしいことばかりですが
今回のブログをきっかけにして小さく弱くのテクニックを練習してもらえるといいと思います。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました