今に集中することが平常心で過ごせるコツ

不安解消策は今に集中すること ヒロス流考え方

現在の状況だけに関心を向けること

社交ダンスでも
日常生活でも
ビジネスでも

今、目の前の状況に
集中することが大事だと思います。

 

■競技会で自分が踊りだす前
■初めて集まりに参加する時
■人前で発表する前

など、ちょっと先の何か出来事が
待ち構えている前は、

平常心が乱され
いや〜な気持ちになります。

 

そんな不安な気持ちが
小さくなるタイミングは
いつかというと

その時がきて、その状況になった時です。

 

例えば、

◆実際に競技会で踊り出してしまえば
 目の前のことに集中するから不安は消えます。

◆その場に到着して参加してしまえば
 その場の指示や話に集中するから不安は消えます。

◆人前で話出してしまえば
 今話すことに集中するから不安は消えます。

 

現状の状況、
目の前の状況だけに

・興味を持ったり
・関心を持ったり
・集中して取り組むことで

どうなるかわからない
不確かな未来から発生する
不安などの
いや〜な気持ちに
意識が行きづらくなると思います。

 

未知な未来を勝手にイメージしすぎないこと

不安な気持ちは、脳にストレスをかけます。
だから、今に集中して脳をリラックスさせたいですよね。

マインドフルネスも
同じようなテクニックでした。

 

 ■マインドフルネスとは
  ”脳のリラックス効果”を得る
  考え方(テクニック)

過去や、未来ことではなく

『今、この瞬間に集中すること』

でしたね。

 

社交ダンスの競技会から
学んだヒロス流
緊張感を弱める考え方は

☑その状況の前は
 不安になるのは当然と考えること

☑始まってしまえば
 その不安から開放されるから
 ちょっとその時まで我慢すること

 

不安最小の心の状態で未来を考える方法

不安な気持ちを少しで小さくして
将来のことを考える方法は
書きながら考えるということです。

 

☑A4メモ書きをしながら考えることで
  不安を最小限にとどめた中で
  将来のことを考えられる

そう思っています。

 

まとめ

・始める前のイヤ〜な気持ち
・近い未来で予定されているイベントを
 待機しているときのイヤ〜な気持ち

 

そんなイヤ〜な気持ちや不安な気持ちがベースにあると
・クリエイティブな考え方も生まれにくいと思います。

✔イヤ〜気持ちや不安な気持ちで
 貴重な人生の時間を使いたくない!

そう気づくことも大切なことです。

 

先のことは、未知だから不安ストレレスが
生まれることは当然、仕方ない!

 と事前に
納得しておくこと受け入れることが大事です。

 

 悲観的、否定的に考えることは
将来のリスクを小さくするために大事です。

 

今日のブログでは、
将来のことを考える=不安

ということを言いたくないです。

将来のことを
楽観的
悲観的
ポジティブに考えること
ネガティブに考えること

すべて必要ですが、

1.今に集中すること
2.将来のことは、不安になりがち
  A4メモ書きをやりながら

 

という

ヒロス流考え方の話でした。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました