上手くできないのは失敗の経験が少ないから

静岡市 メンター 失敗経験 ヒロス流考え方

上達するためには失敗の経験も大事

社交ダンスでも
 日常生活でも
  ビジネスでも

失敗がなければ
ないに越したことはない
のですが、、、

特に社交ダンスで感じることは

☑上手な方は、失敗しないように踊っている

☑上手く踊れない方は、失敗体験が少ない

ということです。

 

上手に踊ることができるのは

☑過去にたくさんの失敗を
 経験しているからです

 例えば、
踊りはじめの部分を見ても
わかります。

①音楽が始まる前から
 男女が組んで音楽が流れてくるのを
 待っているのか

②男女が離れて立って
 音楽が始まるのを
 待っているのか

 

私たちも失敗した経験があります。
アマチュア時代の競技会では
3種目を連続で踊る場面は
ちょくちょくありました。

 そんなとき
フロアーで
次の種目の勘違いで
皆がみているフロアーで
私たち1組だけが
違うスタートポジションという
失敗の経験があります。

 

 失敗談としては
競技会の自分たちが
踊る順番に遅れて
失格になったこともあります。

ここでの失敗体験は、

大会全体の進行が
早く進んでいたことに
気づけなかった。
つまり

◆失敗1.
 競技会で他の選手の踊りを見てない失敗

 

毎回、ギリギリのタイミングで
出場待ちをしていたこと。

◆失敗2.
 準備、競技に向けて
 フロアー近くで
 早めに競技に向けて
 気持ちを整えていなかった失敗

 

 そんな失敗が
フロアーに立ったときには
カップルの感覚を開けて
音楽をじっくり待つ余裕(上手っぽさ)
や、
踊る前から勝つ気持ち
という上達ができたと思います。

 

失敗するほど試すから上達する

 こうやって踊ってみたらどうかな?
こうリードしたらどうかな?

こういったタイミングで踊ったらどうかな?

 

☑いろいろ試して失敗する中から
 コツやいい感覚が発見できて
 上手になる

 

そう思います。

 

 あれこれ試して失敗したくない
苦手だから失敗したくない
失敗して恥ずかしい思いをしたくない

ということではだめです。

 

✔失敗体験を増やせない
 行動と思考のクセ では
 上手くなれません。

 

例えば、

スタンダード(モダン)が苦手だからと
ラテンばかり踊ってしまうと
失敗の経験が増やせません。

 苦手な
スタンダード(モダン)を
踊ってみることで
その時に失敗した体験(動きやリード)が
得意なラテンのヒントにつながることも
あります。

 

上手な人は、失敗の経験が多い

ということばかりではありませんが、

 

少なくとも

☑上手く踊れない方は
 失敗の体験が少ないこと

 ということは言えると思います。

 

 

自分が上手くできないときには

社交ダンスでも
 日常生活でも
  ビジネスでも

✔失敗の経験が少ない

✔失敗する機会を増やすための挑戦が少ない

という前提では上手くなりづらいと思います。

 

いろいろな挑戦の中で
失敗したときに

「だから、これこの失敗が大事なこと」


考えられるようになると思います。

 

その後は、

 上手くいく そう信じて

いろいろと挑戦、試してみましょう。

 

今日のブログは、
社交ダンスから学んだ
ヒロス流考え方でした。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました