コロナ禍の気分転換と社交ダンスの魅力

コロナ禍のストレス発散と気分転換 ヒロス流考え方

コロナ禍の優しくて慎重な会話が大切

 例年ならば、
クリスマスの時期は気持ちが明るくなり
多くの方が気分良く心軽く過ごしている時期です。

 また、
■年末年始の雰囲気や行事
■長期お休み
を楽しみに過ごせる時期でもあります。

 しかし、
今年はコロナ第3波の感染拡大の嫌なニュースと
様々な自粛の雰囲気です。

会食や忘年会新年会を中止や小規模に
という行動規制に
多くのストレスを抱える時期に
様変わりしてしまいました。

 

気持ちのベースが不機嫌と重い気持ち

 普通の状態でも
ず〜っとちょっと重い心の状態の方が増えているように感じます。

日常生活でもビジネスでも
ちょっとした言葉の間違いにより
イライラや気分を悪くする可能性が
非常に高まっている。

 今、クリスマス年末年始の特別な時期に
人間関係や機嫌を悪くする下地が
コロナのストレスによって作られていると思います。

 

だから

☑いつも以上に慎重で臆病な言葉遣い
☑丁寧で優しい言葉遣い
☑優しい行動と心遣い

 など、相手に配慮した行動が会話が
上手にできることに価値生まれているように感じます。

 

社交ダンスは暗い気持ちのままでは踊れない

コロナのストレスで、悶々と
すっきりと明るくいられなくても

☑社交ダンス踊る時には
 気分も盛り上がり優しい気持ちになれます。

社交ダンスの特徴である
リードやフォローに
✔相手への優しい気持ちや
✔相手に対する丁寧さが
 必須だからです。

 

 機嫌悪く面白くなさそうに
暗そうに社交ダンスを踊る
ということはほとんど見たことがありません。

 

 この中のコロナ禍のストレスで
やや暗く重い雰囲気で
日常生活やビジネスを過ごしていても

☑社交ダンスを踊る時には
 明るく軽い気持ちになる

ということが社交ダンスの魅力だと思います。

 

 社交ダンスが好きになって
踊れるようになって
良かったと、今、
このコロナ禍の異常な時代の中
特に、実感しています。

 

社交ダンスの魅力と社交ダンスへの感謝

 相手の人と一緒に
社交ダンスの音楽とダンスの中に身をおき
コロナ禍のストレス発散にも利用しましょう!

 

大音量の音楽と
ワルツ、ブルース、タンゴ、クイックステップ
スローフォックストロット、
ルンバ、チャチャチャ、ジルバにジャイブ

をレッスンと踊りを楽しみましょう。

 

☑社交ダンスで気分転換と楽しい気持ちになれることに
 感謝の気持ちと喜びを感じています。

 

ヒロスダンススタジオの社交ダンレッスンに
お越しいただいている時間は
気持ちを明るく軽く過ごしていただきたいと
と思います。

 

コロナのストレスと暗い気持ちで
過ごしていても

レッスンに向かう準備と移動を始めたら

社交ダンスの音楽とダンスとレッスンに
向けて気持ちが明るく楽しくなってくれると嬉しいです。

 

そして、

ヒロスダンススタジオに到着したら
社交ダンスを楽しんだり
学習したりして

明るく、楽しく良い時間を過ごして下さい。

社交ダンスのテクニックだけでなく
コロナ禍のストレス発散
気分転換の場所となるように
努力していきます。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました