カウントじゃない ダンス上達のコツ

ダンサーのコツ 格好良く 気持ちよく踊るコツ ヒロス流考え方

ダンサーのコツ 格好良く 気持ちよく踊るコツ

今回のブログ、

ダンスをキレよく踊れるコツ

ダンスを気持ちよく踊れるコツ

 

について話します。

ルンバでもワルツでも
スタートは、音楽をしっかりと聞いて
カウントを心の中でつぶやく。

 

その後は、メロディーや音楽の抑揚に
合わせて踊る。

 

これが理想だと思います。

 

具体的には、

ラテン+タンゴを踊る時は

心の中や時々実際に声にだして、

✔ シュッ! とか シャッ!とか
  パッ! とか

を回転や、ステップするときに言うのが良いです。

 

ワルツやスローフォックストロットを踊る時は

✔ 目つきを鋭くしたり、目を細めたりとか
  微笑んだり、口元を開いたり、とがらせたりとか

をライズや、移動のステップのとき、PPに開くときに
やると良いです。

 

ダンスを踊る時は、非日常であり、
ダンサーであり、芸術家でもあり、スポーツ選手
でもあります。

 

 だから、日常では、ちょっとやらない
自分の姿になって、音楽と身体の動き、
顔の表情をつくるのが良いです。

 

 組んで踊っている時は、当然のことですが、

鏡に向かって動きをチェックしている時も、

音楽を流さずに踊るときにこそ、

シュッとかパッとか、
ライズ感を味わっている表情とかを
作るのがいいと思います。

 

 ヒロス流、ダンスを格好良く、
気持ちよく踊るコツでした。

 

ヒロスダンススタジオについては、

こちら(メニュー内プロフィール)も読んでみてください。

 

今日も読んでいただきありがとうございました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました