インナーワードは15文字以内の短文が大事

ヒロス流考え方インナーワードは文章で ヒロス流考え方

注意する点は単語ではなく15文字程度の文で

社交ダンスを上達するために
あれもこれも注意して踊ることは
難しいです。

 

だから、

つい、

心のなかで

「ヒジ、ヒジ。。。」

とか

「視線、視線」

とか、

◆注意する点、改善したい点を
 単語だけでつぶやいてしまいます。

 

そのところを
 「タンゴではなく文章で!」

 

◆15文字以内の文章にして
 心のなかでつぶやきながら
 踊ることが大事です。

 

たとえば、
こんな感じです。
↓↓↓↓↓

■従来の言い方
 「ヒジ、、ヒジ、、、」
これを
「ヒジを水平に、ヒジを水平に。。。」や
「左ヒジを水平に、左肘を水平に。。。」
という文章にしてみてください。

 

■従来の言い方
 「視線、、視線」
これを
「視線を上げる、視線を上げる。。。」
 「視線はまわりぶち~
 「視線はまわりぶち~。。」
など。

 もっといい文章があると
思いますので
工夫して見てください。

 

 

注意点や改善点を文章にするメリット

日常生活を振り返ってみてください。

忘れないようにメモ書きに

「スーパー」
「LINEする」

とか、単語でメモを書いておくと
「あれ、スーパーで何を買うんだっけ?」

「誰にLINE?なんだったかな?」

 

なったことありませんか?

 

単語では、パワーが弱すぎます。

だから、

15文字以内のいい文章を考えて
その文章をブツブツいうことで

上達スピートや
改善スピードが
早くなります。

 

同じことは、

考え事をするときの
アウトプットのときも使えます。

 

あれとこれがあって
今、あれで、、、

と考えるとき、

単語、キーワードを
並べても考えが深まりません。

 

15文字以内の文章
まるでキャッチコピーのような
文章を並べることで

アウトプットと同時に
考えることができます。

 

注意する点
忘れたくないこと
考えを整理したいとき

単語ではなく15文字以内の
文章にしましょう。

 

今日は、ヒロス流考え方

◆インナーワードは、
 単語にしない文章にする

◆アウトプットは、
 単語にしない文章にする

という話でした。

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

*****************************************
ヒロスダンススタジオ 
 
社交ダンス教室です
 日曜日の社交ダンスレッスンも可能です
 
 
◆貸しスタジオとして借りられます:先生向け 
★ダンス、楽器などのレッスン会場としてご利用ください
 
 
◆貸しスタジオとして借りられます:お友達・個人の練習向け
楽器、音楽、ダンス、余興の練習など
練習場所としてご利用ください
 
静岡市清水区村松699-1
 
【電話はこちら】
 
【メールはこちら】
 
『ネットでみました』でお話ください。
電話・メールをお待ちしております。
 
※当スタジオでは
パーティーや発表会は開催しておりません。
 
 
■社交ダンスを通じてSDGsに取組んでいます。
 
 社交ダンスの魅力と力で 
   ひとりじゃない、
   いつまでも動ける身体でいよう 
 健康長寿を伸ばそう
 
 
 がテーマです。
関連記事は、こちらをクリックしてください。
【おしゃべり、運動、気分転換】
※健康寿命、健康長寿のためにも社交ダンス!
 
*******************************************
 
▶ツイッター:レッスン内容や、社交ダンスのコツ
 
 
▶インスタグラム
 
 
▶フェイスブック
 
 
▶ユーチューブ :スタジオの様子も見れます。
 
 
旧ブログサイト
 

♢社交ダンスレッスン ♢ 貸しスタジオ ♢ レンタススタジオ(練習場)
♢ 各種ダンスインストラクター向けスタジオレンタル(レッスン会場お稽古場)
♢ 短時間エクササイズ ダイエットエンド

コメント

タイトルとURLをコピーしました