やり方や意見を変えることが上達のコツ

ヒロス流考え方趣味と仕事の上達のコツ ヒロス流考え方

考えて行動するほどやり方も考えも変わる

上達したい、もっと改善したい
そんな気持ちが強ければ強いほど

☑昨日までのやり方や意見や考え方も変わる

と思います。

だから

「考え方がよく変えるよね〜」
という言葉をかけられたら

✔いろいろ考えているから

✔いろいろと試しているから

 という理由を相手の方に少しだけ
 説明することが大事だと思います。 

何も変えずに継続努力しても努力に見合わないことがある

社交ダンスでも、日常生活でも
 ビジネスでも

何も考えずに時間を使って
ただ繰り返し回数を増やして

☑練習しても、なかなか上達していかない

  ことがあります。

 

練習しても上達しない理由

 その理由は、

✔「上手にいかないやり方を身につけている」
  という、最悪な練習になって
  しまっている可能性があるため

✔失敗したときより、上手くできたときの
 理由を考えることが多いという思考のクセのため

 

上手くいかないやり方を身につけてる練習を避ける方法

努力に見合わない練習の
・上手くいかない、良くない状態を
 身に付けてしまう練習。。。

 調子が悪く、上手くできないときは
✔練習を少なめに
  逆に、
✔上手にできているときには
  練習を多めにすると良いと思います。

 

失敗の理由を考える思考のクセをつける

”上手くできたとき”は、
 ・偶然
 ・たまたま上手くできた
    と考える

そして
 逆に

”失敗や上手くできなかったとき”は、
 ・はたまたまではない
 ・失敗の理由や原因がある
    と考える

 

 という考え方を持つことで

練習したけどその努力が見合わないという
ことが減っていくと思います。

 

まとめ

・考えて練習していくときには、
  やり方や意見が変わっていく

・努力しても効果が出ないこともある

・調子が悪くて練習して
  上手くいかないやり方を身につける危険

・上手にできた理由でななく
 失敗したり上手くできなかったときに
 その理由を考える

 

 社交ダンスでも
ビジネスでも

■変化していくこと
■失敗には原因があること

と考えて、上達していけると
良いと思います。

 今日のブログは
やや理解しづらい内容だったかもしれませんが
最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました