いろいろあるけど諦めない

諦める 諦めない思考のコツ ヒロス流考え方

社交ダンスの上達でも
日常生活の上達でも
ビジネスでの上達も

あきらめ思考が減るコツ

について話したいと思います

✔それは無理、まだ、時期が早い

✔条件が揃ってから

✔もう少しおぼえてから

 

など、深く考えずに
あきらめたことをついつい軽~く
言ってしまって、ホントに

◆脳が諦めてしまっている

ことが思っている以上に多いと思います。

 

そんなこととたとえ話を

今回も社交ダンスで解説したいと思います。

 

音楽を聞く場面であきらめないで

・習い初めは、流れてきた曲で
 どの種目で踊るかわからず、
 ダンスフロアーに出ていくことをあきらめないで

・ルンバの4-1の所「ポンポン」が
 聞き取れないって、あきらめないで

・メロディが強すぎて、リズムの音が
 聞き取れないって、あきらめないで。

 

身体を動かす場面であきらめないで

・そんなに速く回転出来ないって、
  あきらめないで。

・そんなに大きく動かすのは
 ムリって
  あきらめないで。

 

覚える場面であきらめないで

・いろいろな種目のステップを
 そんなに覚えるのはムリって、、、
  あきらめないで。

 

その場その場での対応をあきらめないで

・他のカップルとぶつかったら
 びっくりして頭の中が真っ白、
 踊りがめちゃくちゃになっちゃうって、、、
  あきらめないで。

 

注意しながら踊ることをあきらめないで

・視線の方向、ホールドの位置、
 肘の位置など
 あれもこれも注意しながら
 踊るなんてムリって、、、
  あきらめないで。
 

ヒロス流社交ダンスで学んだ
あきらめないコツ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

その1.全か無かの法則の思考ではなく、
   【少し】【一部】【初めだけ】
   でもやるという意識を持つこと

 

その2.始める=決心 と大げさに
    考えいないこと
   ・完成度、合格点を35点から
    スタートする思考の癖を身につけること

 

その3.トレードオフだと思って
    やれることをやる、逆に他に影響がでる
    かもしれないけど、まずは、OKで実行すること

その4.目標を明確にして
    適切な手順・計画を立ててること
    あきらめるという思考が浮かんだら
    手順、計画に問題ありと考えること

 

 

言葉にしなくても、自分の中で

・あきらめないこと

その1~3で言っていない
その上の大事なことは、

 

明るく、機嫌よい状態で取り組むこと

 

自分の今が、機嫌よく、明るければ、

難しいことほど、やってみたくなる

とてもよい思考の連続になると思います。

 

機嫌よくなると、ノリの良い自分

どんどん実行したくなる自分に

気づくと思います。

 

 何事もあきらめるという

元気がなくなる思考を少なく

生活していきましょう。

 

今日も最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました