最終的な悩みは常に話し方

静岡市清水区話し方教室 ヒロスのビジネスサロン

話し方の勉強が大事

社交ダンスでも
日常生活でも
ビジネスでも

上手なレッスンや
コミュニケーション
楽しいおしゃべりのためにも

◆話し方を学ぶことが大事

 

質問したり説明したり
趣味やビジネスで
支え合ったり
一緒に成長していくときにも

お互いに質問したり
説明したり

上手な話し方が
できれば

会話も増え
コミュニケーションが良くなります。

話し方のトレーニングの先には
安心して話せる生活空間が
期待できます。

 

話し方が会話おしゃべりで大事

会話、おしゃべりタイムを
作り出している元は

話し です。

だからこそ

話すテクニック
話し方を学ぶことが大事です。

 

話し方は教え合う場面で学べる

天気や時事ネタでの
会話では

話し方のテクニックは磨きにくいです。
なぜならば、
考えてから、話すということが
少ないからです。

優先順位や価値観について話題も
話し方を『学ぶ場面としては』
不適切です。
なぜならば、
人それぞれ
考え方が違いすぎるからです。

 

話し方が学びやすい場面

趣味やビジネスの
やり方、コツなどを
『学び合う場面』が

話し方を学ぶもっとも適しています。

特に、教えるという場面は
人間性や性格が表面化しやすく
反省して改善していくポイントを
自ら発見しやすいからです。

 

ヒロス流話し方のポイント

◆相手の視点で話すこと

 相手の知識量に合わせる
 相手が聞きたい範囲で言う

 

◆専門用語の使用は最小に

 専門用語を使いすぎないこと
 専門用語は、言葉でいうと長くなる
 やり方や現象をたった一言に
 してしまっていることが多いので
 用語の意味をお互い一緒の理解の
 場合しか専門用語は使えません

 

◆ほめること

 根拠と過去との比較で
 科学的や数字的な
 褒める根拠も伝えられるといいです。

 

◆保険をかけた話し方をしない

 バシッと短文で言い切ることも大事
例外もあることや
絶対ということを
いちいち言葉にしないことです。

 言いたいことを一言はムリですが
できる限り短い1文章で伝えること

 

◆話し方上手になるために聞き方も大事

聴くこと、話すことを最低でも
1:1にするように聴く時間を多くすること

インプットとアウトプットの”時間”を
同じぐらいにすることが大事。

聴くことで考える時間と
相手の言いたいことがわかることにもなり
相手の聞きたいことに的確に話すことで
話し方のテクニック以前の
相手がわかった!となりやすいからです。

 

正しい聞きやすいだけが良い話し方ではない

声が大きい、滑舌良く
はっきりと言葉が聞き取れる

という問題ではないです。

話し方のテクニックを
身につけるには

モチベーションの意識も
大事にしましょう。

ポイントは3つ

 

相手だけでなく
話している自分の

◆気持ちを軽くすること

◆前向にするすること

◆安心して会話できること

 

たくさんの知識も
回り方の人から
たくさん教えてもらうためにも

周りの人に教えてあげるためにも

誰かに説明するためにも

良い人間関係を作るためにも

明るく機嫌よく生きるためにも

 

上手な話し方を学んでいきましょう。

 

ヒロス流 会話術の話しでした。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました