コーチやメンターがいると良さそう

日常生活ビジネスでも先生メンターは必要 ヒロスのビジネスサロン

社交ダンサーは先生やコーチの存在の重要性をよく知っている

社交ダンサーは、
・自分で研究することと
・先生やコーチから学ぶこと

の違いと効率の良さを実感できていると思います。

日常生活やビジネスだと先生やコーチを探さない?

■日常生活やビジネスの場合になると
コーチがいなくても気にならない。。。

そういう方もいると思います。

しかし、別の状況になると

◆スポーツやスポーツ以外の趣味の場合
コーチ(先生)や師匠がいないと
上達しないという不安を感じませんか?

 

すぐに真似できると錯覚してしまう危険

日常生活やビジネスだと

✔自分でたくさん考えれば上達する

そんな錯覚に陥りやすいです。

 

ビジネス書や自己啓発の本も
似ています。

 

■天才的な方の行動や考え方を
 本で読むと

✔まるで今から明日から実践すれば
 すぐに自分が変われそうに感じてしまいがち

しかし、別の状況になると

◆スポーツや趣味の本を読んでも
 すぐに自分のタイムが速くなったり、高度な動きが
 明日からできるとは感じません。。。

 

 ちょっとした状況の違いで
コーチや本などからの知識や情報を得ることの

価値や必要性の感じ方が全く違ってしまいます。

 

先生やコーチや知識や情報は大事

状況が違っても、必要性と難しさをしっかりと
考えることが大事です。

 

日常生活やビジネスにおいて

■コーチ(メンター)がいなくても普通

  ということではなく

→ コーチやメンターがいることが大事
 だと思います。

 

読書において

■ビジネス書や自己啓発書ですぐに変われそう

  ということ簡単な解釈をせず

→ 行動を変えて、何度もその考えを”考えて”
  読んだ内容の行動や考え方を
  習慣化することが大事だと思います。

 

一流選手や上手な人には
コーチや師匠が付いています。

それなのに、
日常生活やビジネスになると

自分には要らない?ということはない
と思います。

 

社交ダンサーは知っているはずです

 社交ダンスの場合は
・先生やコーチの存在は大きいです。
・知識や情報をもっていることは大事です。

 

☑先生やコーチの価値を知っている

☑知識や情報があってもすぐには真似できない

ということを知っているはずです。

 

だから、

 

日常生活やビジネスの場でも
上手に先生やコーチを付けられると良いと思います。

 上司や先輩とはちょっと違う。。
先生やコーチが大事ということです。

 

 

今日の話は

日常生活やビジネスでも

先生やコーチが大事ということを

これを読んでいただいた方と
共有できたら良いと思います。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました