思考のクセ

ヒロス流考え方

初めてや慣れていないと難しく感じる

初めてということだけで難しく感じるもの ・初めてのこと ・やらされていると感じているもの ・与えられた課題 ・たまにやること は、難しそう、大変そうに感じるもの ということ。  普段慣れていることより ずっと簡単なこともある...
ヒロス流考え方

ヒロス流考え方:意識と心の使い方

ヒロス流考え方の2つの基本について 今回のブログは、ヒロス流考え方って何? について書きたいと思います。 ◆ヒロス流考え方の目的・ゴールは 心軽く過ごしたい 機嫌よく過ごしたいということと そいういうふうに思う人が増えることです...
社交ダンス

相手のためだけに踊っていませんか?

相手のことばかり気にして踊る社交ダンスではもったいない 2人で踊る社交ダンスだからといって 常に相手のことばかり気にして踊っていてはもったいないです。 男性リーダーの場合  相手(女性)をリードすることばかり  相手(女性)をリー...
社交ダンス

自分で感じる気づくことが上達のスタートライン

改善や上達のスタートラインは感じることと気づくこと これまでのブログでも 言語化が大事ということを話してきましたが その前の大事なことを補足したいと思います。 それは、 本気になって ・今現状の自分の状態を感じとって ・自分で...
ヒロス流考え方

三方良しの実践的学び方

自分だけ良ければいいではいられない 社交ダンスでも 日常生活でも ビジネスでも 自分だけ良ければ良いではいられません。 そのことを頭で理屈でわかっているだけでは駄目です。 実践の場を通じて「自分だけ良ければいいんではいられない」...
ヒロス流考え方

社交ダンスで学ぶ自分と人への配慮について

二人で踊る社交ダンスで学ぶ配慮と言葉使いのコツ 社交ダンスは、 二人で組んで踊ることが多いから 情動の変化が多いと思います。  そんな社交ダンスの時間に 自分の心の中の言葉遣い 自分を褒める意識を整えると良いと思います。 ...
スタッフ日記

こだわり主義で受け取り方がポジティブ

社交ダンスの練習でもレッスンでも尊敬 びっくりするぐらいポジティブな捉え方 いいな〜って思います。  「ポジティブですね」って お伝えすると 「何も考えていないから」 とか 「いい加減だもん」 って返されます。 で...
ヒロス流考え方

考え方のコツ 注意と判断2つのポイントを分ける

注意するポイントと判断するポイントという2つのポイントの違い 社交ダンスを踊るときに ◆注意するポイント ◆判断するポイント という2つのポイントを知っておくことです。 注意することと判断することは 別だということです。 ...
社交ダンス

上手くいかない時が学びのチャンス

上手くできないときが学びのときと思うと焦らない 社交ダンスでも 日常生活でも ビジネスでも うまくいっていない時が学びの機会 って思う思考のクセを持つことが大事です。 うまくいっていないな〜 って感じたら 避けたい終わらせた...
ヒロス流考え方

自分の良い所や良い踊りが言えますか?

自分の良い所がわかれば人の良い所もわかる 人を褒めて、機嫌よく過ごしたい。 そんなコミュニケーションを 意識しているならば まずは、 ◆自分をほめることです。 つまり、 ・良いところとはどういうことか ・良い踊りとはどう...
ヒロス流考え方

怒ることなく教えること

否定的や起こり気味で伝えず”教えるように”伝える 日常生活では ・余分なこと ・不必要なことは ・我慢できること この3つに関しては、 できるかぎり 人には言わないようにしています、、、 特に、家族に対しては 言わないか、...
メンター

習って学んで上達するコツ

社交ダンスから学んだ メンターヒロスの ヒロス流考え方シリーズの記事です。 まずは、 この記事での言葉の定義をします。 ■習う:人から教えてもらったり、     レッスンで習って     身につける知識と踊り方 ■学...
ヒロス流考え方

原因ではなく目的に目を向ける

原因を追求するのではなく目標目的に目を向ける 社交ダンスなどの趣味でも  ビジネスでも ・上手くいかない ・ミスが続く そんなときは 目の前の原因の追求だけでなく ☑この先将来の目標目的に  目を向けましょう ...
ヒロス流考え方

思考のクセが選択を決める

社交ダンスを踊っているとき、 競技会のフロアーでも、 ダンスホールやダンスタイムでも ■よけるとき ■次のステップの時など 選ぶ、選択という場面が多いです。 今日のブログは、 最後選択はあなたの思考のクセで決ま...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました