上司と部下の人間関係

ヒロス流考え方

怒ることなく教えること

社交ダンスのレッスンで学んだ、「伝え方」について ☑怒らず、怒った態度ではなく伝えるテクニックを身につける。 そのためには、☑パートナー、夫婦、家族、親子の関係の中での言動を丁寧に優しくする。 ■ちょっとした我慢と意識のトレーニング ■上手に伝える言い方、態度、タイミングを見る。 という思考のクセがつくと思います。
メンター

CPO最高哲学責任者として振る舞うメリット

静岡市清水区CPO最高哲学責任者ヒロス。 社交ダンスを踊るときでも 日常生活でも ビジネスでも ✔考えること ✔哲学すること をまずは、自ら実践してみて 心が軽くなったり 頭の中で、事実と意見を 分けられるようになったら 自分自身と身近な人のCFO(最高哲学責任者)として 哲学することを実勢していけると良いと思います。
カップルのコツ

相手の他の部分への興味がありますか

心の中で相手をどのように見ているかが大事。 まずは自分(あなた)の率直さ謙虚さが大事。 良い人間関係のための工夫としては、相手に興味を持つ、問題の共有に8割のエネルギーを使う。 大変だけど上手な好奇心が人間関係のコツ。 問題を感じたら共有が8割で解決が2割。
ヒロス流考え方

聞き方上手が上達のコツ

上手な聞き方をすることが上達のコツ!という話を書きました。 メジャー自分で考えてみてから提案と選択肢を出して聞いてみるという順番が大事だと思います。 自分でいくつか考えて相手に選んでもらうという聞き方をすると、相手に負担かけずに色々とアドバイスをもらえるのかなと思います。
ヒロスのビジネスサロン

上司先輩の方へ 大事な話し

今日は、ヒロスのビジネスサロンの 話しです。 ヒロスの社交ダンスから学んだ ヒロス流仕事学です。 社交ダンスの話ではなく、 【会社の上司・先輩向け】の 話しです。。。だから 厳しい言葉もあるので、 興味は社交ダンス!...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました