通常(当たり前)の逆を教える 変なレッスン

静岡県静岡市 社交ダンス レッスンのコツ 社交ダンス

社交ダンスのレッスンで
ちょっとだけ追加したいことは、

✔︎こうやって踊ると踊りにくいですよ

というやり方で踊ってもらう、、、

 

踊りにくくなることを時々体験してもらう

というレッスン方法です。

 

そうすると

『こうことが踊りにくくするんだ~』
とか
『じゃあ、こうすれば踊りやすいかな?』
って、気付いてもらえることも期待できる

というレッスンの話をしたいと思います。

 

普通(通常)の社交ダンスのレッスンでは

◆生徒さんは、

✔踊りにくいところを解決してもらいたい

 

◆プロ(先生)は、

✔上手くいくやり方を教えたい

 

という状態だと思います。

 

だから、

☑すぐに上手に踊れるコツやテクニックの話しになってしまいます。

 

すぐに解決策! というのは、
短いレッスン時間では、
大事な配慮ですが、、、

 

時には、

■こうやると踊りにくい

■こうやるとこうやって失敗する

という良くない踊り方
 ・よくないリード
 ・よくないフォロー
 ・良くない踊り方

を実際にやってもらうことで、い

✔いろいろと踊りにくい理由に気づける

と思います。

 

 トラブル部分は、ちょっとトラブルの経験を
してもらうことです。

 

つまり、

踊りくくするというトラブルを
小さく経験してもらうということです。

 

踊りにくいから、

■すぐに、踊りを直してもらいたい

■すぐに、アドバイスしたい

 

そんな気持ちをお互いちょっとだけ
先送りにして、

 

✔まずは、原因を知ってもらう気づいてもらう時間

✔トラブルを意図的に体験してもらう時間

をつくってみてはいかがでしょうか。

 

ヒロス流社交ダンス レッスンのコツ 

でした。

 

ブログ更新情報その他、つぶやいています。

Twitter をフォローしていただけるとうれしいです。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました