超リラックスして踊る

リラックス 力を抜いた 社交ダンス 社交ダンス

リラックス 力を抜いた 社交ダンス

大きく踊る、美しい姿勢で踊る。
そんな非日常の素敵な感覚を
味わえる社交ダンス。

 

ですが、

時々は、すごく小さく踊る、
すごくリラックスして踊ってみましょう。
すごく力を抜いて。

 

 それも”極端”にです。
しかも”たま~に”です。

すると普段との【違い】に気づけます!

 

・呼吸、特に吐く息を感じられます。

・相手と触れ合う手のひら、手首が
 柔らかくなります。

・音楽がリズムだけでなく
 メロディーが良く聴こえてきます。

・両足の体重の移り変わりを
 感じやすくなります。

・無理しない踊り、
 心に余裕を持って踊れます。

 

「超」リラックスして、踊ると
いつもとの違いを感じるので、
改善点、ヒントを自ら発見できる
思います。

 

ルンバでは、両足のシューズの距離が
近くなって、体重移動が難しくなったり、

ワルツでは、
超リラックスして踊ると、
両足を揃えた時、
体重の入替えができず、両足体重になったり、
テクニックが必要になる場面もあります。

 

今、リビングでやってはダメです。
⇒そもそもいつもと違うので。。。

できるだけ、いつもの状態の中でやる。
目的は、違いを感じて
普段の踊りの改善点を発見するためです。

 

 

今度のダンスフロアーで、
ダンスシューズを履いて、
相手と組んだときに、やってみてください。

 

今回も読んでいただき、
ありがとうございました。

 

また、読んでください。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました