良い部分を優先して見つけるメリット

良い部分を先に見つけること 社交ダンス

良い所の前後の悪いところをまずは修正する

踊りにくそうな部分だけでなく
・上手な部分
・うまく踊れる部分
 を把握することが大事です。

 

なぜならば

上手に踊れる前後にある
踊りにくい部分や
うまく踊れない部分を
修正すると

上手に踊れるステップの塊が
大きくなるからです。

 

連続したステップの塊が
上手になると気持ちよく踊る部分が
長くなればなるほど
気持ち良いですよね。

 

経験的な感覚ですが

良い部分と踊りにくそうな部分は
交互に存在することが多いです。

 

だから、

上手な部分、うまいな~
という部分を練習やレッスンのターゲットにして
その前後の修正を優先すると良いと思います。

 

良いところを見つけることを優先する

自分のなかで踊りにくい部分や
修正したい部分の方が
気づきやすく
その部分の修正を優先しがちです。

 

その思考のクセから

◆まずは、上手な部分を
先に見つける

ように思考のクセに変えてみましょう。

 

1.良い部分、上手なところを
 みつける。

2.その前後のステップに
 問題点や修正点がないかを
  確認するという順番

 

をおすすめします。

 

良い踊り、
ここは上手だな~
という部分をみつけることは
気分も良いです。

 

自信にもなります。

 

良い部分の前後を
修正して良い部分の塊を
大きくしていくことが目的です。

 

次の練習やレッスンのポイントを見つけるコツ

社交ダンスを踊りやすくしたり
ちょっとうまくなるためには

練習やレッスンするポイントを
みつけることが大事になります。

 

そのために、

今回の話しの

・良い部分を見つけること
・良い部分に気づくこと

が役立ちます。

 

良い部分上手な部分の
前後に問題点や修正点が
あるかないかをチェックしてみましょう。

 

きっと上手な部分の
前後には不具合を感じる部分があると思います。

経験上
上手なステップと苦手なステップは
交互に存在していることが多いと感じているからです。

 

まとめ

1.上手な部分をみつけるという
  思考のクセで過ごす

2.練習やレッスンのポイントを見つける

3.上手に踊れる部分を中心にして
  上手に踊れる部分の塊を
  大きくしていく

 

 この流れで社交ダンスを
楽しんでいきましょう。

 

ついつい
悪い所、踊りにくい所を
優先して探してしまいますので
その思考のクセを修正しましょう。

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました